上げたハードルを、くぐる。

推しは作るものじゃない、増やすものだ。

ディオール名古屋高島屋限定色が天才だったので取り急ぎご連絡致します

 

業務連絡:名古屋の民は今すぐタカシマヤに行ってくれ。

f:id:midoriiro2:20190415203345j:image

コスメヲタクのみなさまはご存知かもしれませんが、いま名古屋タカシマヤでディオールのイベントがやっています。私は伊勢丹新宿に魂を売った関東の民なのですが、ちょうど嵐の名古屋公演遠征と被りまして。
コスメイベント情報 | cosme | ジェイアール名古屋タカシマヤ
これはディオールの神に呼ばれてる…!と思い朝イチ爆買いぶっかましてきました。テンアゲ卍

 

・サンククルール 247 IMAGINATION
f:id:midoriiro2:20190415203510j:image
確か韓国バックステージ限定色。前にインスタで流れてきたのを見かけてからずーっと気になっていたのですがこのタイミングで買えるとは。運命。
この色どう考えても似合うんですよ。自分で言うけど。

f:id:midoriiro2:20190415204315j:image
何より品番が「IMAGINATION」でイマジナギミヤラ This is the WORLDISTAシャドウなんですよ〜〜!ヲタクすぐ拡大解釈する。へへ。

f:id:midoriiro2:20190415204907j:plain
iPhone画質でも分かる顔の良さ。

スウォッチです。右フラッシュ有り。


f:id:midoriiro2:20190415203902j:image

f:id:midoriiro2:20190415203857j:image

はぁ〜〜可愛い。見た目より発色柔らかくて使いやすそう。なんとなくスイートを強くした感じがする。上段の水色とピンクはパールがたっぷり入ってて鬼キャワぷんぷん丸。

だいたいパレットって締め色残りがちだし、この右下ネイビーも難しいかな…?と思ったのですが、左上の水色と重ねると大変美しいブルーが爆誕すると教えて頂きました。

f:id:midoriiro2:20190415211604j:image

ということで捨て色はない。買いです。特に青みと高彩度に強いブルベ。お前だよ買え。

手持ちのサンクは2つになりました。どちらも限定色。

f:id:midoriiro2:20190415204951j:image

天才だから気がついちゃったんですけどドリームのブラウンと重ねたら平日も使えるのでは…?!明日早速やります。

 

・ステラーシャイン267 TWINKLE、987 DIORLUNER

f:id:midoriiro2:20190415203538j:image

ガッツリ本名入ってるので隠してます。如何わしい刻印をした訳ではないです。

f:id:midoriiro2:20190415205701j:image

ディオールあるある:CD刻印消えるのがもったいなくて使いたくない。

f:id:midoriiro2:20190415211643j:image

267番は色付きリップくらい薄づきな青みピンクで名前がTWINKLEなので、これはとぅいんすたぁ〜🌟のテゴちゃんです。異論は受け付けません。

f:id:midoriiro2:20190415205856j:image

この世にも天使がいたのさ…

見た目通りの発色で唇だけ美少女になります。残念ながら顔はてごちゃんにはなりません。なんで?
嫌いな人がいない万人ウケピンク。渋谷のイベントでは秒殺だったのも納得。f:id:midoriiro2:20190415215857j:image何億積めば吉沢亮にリップ選んでもらえますか?相場理解あります。

987番は見た目ブラウンだけど塗るとシアーなプラムピンクに!私の色だ!
最初267番推してたBAさんも塗った瞬間「すごい似合いますね…!」ってびっくりしてた。戦闘力が低い顔だからか薄い色を勧められがちなんです。まあ結局どっちも買ったんだがな!(笑)

このプラム色はどう見てもグリーンマイルのしげぴ。f:id:midoriiro2:20190415210727j:image

ということで自意識と戦いながらS.Kの刻印をしました。f:id:midoriiro2:20190415210234j:image

普段のしげぴはクレドもしくはSUQQU顔だけどポールアキさんはディオール顔なんだよな…なんの話?

色はもちろん、するするっと塗れてグロスいらずのツヤ感も気に入りました。ほんのり甘いバニラの香りがするけれど無味なのがよい。(食うな)
唇が貧弱でYSL塗ると皮が全部持っていかれるのですが、ディオールは今のところ大丈夫。ただしマキシマイザーお前はダメだ。

 

1つの会計で諭吉飛ばしたの久しぶりだ〜けれど後悔はない!
なぜこんなに急いで雑スウォッチを撮りブログあげたのかと言いますと、イベントは明日4/16までだからです。代引き対応してるから分からないのですが気になる方はぜひ問い合わせてみてください。多分送ってくれると思う。名古屋にお住いの方は全員見に行ってください。後悔はさせません。
ディオール神のことだからしれっとバックステージ限定とかで全国発売してくれそうだけどな。規模の経済ブチかましてくれるディオール神のことだいしゅき。

もう1度言いますイベントは明日4/16までです。よろしくお願いします。

 

【2019/04/07 2部 仙台セキスイ】NEWS WORLDISTA MC

 

4曲目前ミニMC

ふざけようとする手越さんをひっぱって正しい位置に連れて行く加藤さん
加藤「毎日やらせると思うなよ!!!!!
小山「今日早かったね!」

小山「Eは気を使って」
体育座りをするEの横棒のジュニア
小山「左のケツがつった!(小声)Eやばいな」
加藤「(Sを一緒に作ってるジュニアに向かって)バランス悪いな!Eに見えちゃう」

手越「不完全燃焼だよぉ〜😢」
加藤「目立つポイントじゃねえんだよ」
手越「ちゃんと行きたいと思ってるんだけど迷子になっちゃうんだよ!」
増田「本当だな?リハで1時間くらい確認するぞ」
手越「厳しい!カレー食べたいのに」
小山「左ケツつった」
加藤「知らんし」
手越「鉄分取って」
小山「どうしたらいいの( ;  ; )」
増田「こう!(画像参照)」f:id:midoriiro2:20190411195453j:image
加藤「裏でやってくれよ」

小山「(ジュニアに向かって)早くはけて!なんなんだよジョギングじゃねえかよ」
加藤「そこでジャンプして、せーの」
バラバラジャンプするジュニア
加藤「チーム感出てないぞ」
小山「…wwマイク通したら言えない言葉言うなよ💢」
手越「wwwww」

手越「みんなバコーン腹から声出てるね!」
増田「どうですか?!(煽る)」
加藤「へたくそだなw」
増田「どうなんだ?!どうでしょう?!気持ち悪いですか?!」


小山「みんなバワリー貯めてる?どうもNEWSです」
座ったままのテゴマス
小山「いないし!でもちょっと可愛いから見てたい!君たちかわいいね!
増田「やっと気がついた?」
小山「結構前から♡
増田「NEWSです〜はじめまして!」

小山「ベタだけど仙台で牛タン食べたよね」
加藤「ケータリングのやつね」
小山「すごいよね、利久みたいなのを持ってきてくれて!ライブ終わってすぐは食べないんだけど、1枚くれたのよ手越さんが!優しいでしょ?でも横にある辛いやつをしこたまのせたやつを食べさせられた;;」
増田「トウバンジャン?唐辛子みたいなやつでしょ」
加藤「南蛮味噌っていうんだね」
小山「辛かった;;」
加藤「その時心はbeast☝️☝️ですか?w」
小山「いじるパターンね」
増田「怒りのbeast☝️☝️」
小山「それを待ってる自分がいる」
手越「かわいかったね」
小山「やりにくいんだよ」
加藤「今日のバワリー投げキッスはどうでしたか?ソムリエ、手越ソムリエ的には?」
手越「今日のはですね、付き合って半年くらいで慣れてきたものの初々しさも残る、そんな彼女の対して強すぎるのも違う、ついてきて?も違う、口角がちょっと上がって優しさのある『ついてこいよ👌』なんですよね」
小山「俺よりキャー!取るのやめてw」
加藤「小山さん、どうなんですか手越の分析は」
小山「正解!w分析はまあしょうがないけど、この人着替え急ぎなのに分析してくるからね?増田さんのソロではフェイク入れてるし!しかもメインを邪魔するフェイク」
増田「それダメじゃない?w」
手越「ファンの人と同じように楽しんでるのよ!」
増田「ファンの人がフェイク入れたら嫌だけどね?!ウェイウェイ!って」
手越「激おこプンプン丸だ!
小山「かわいいからいいや」
手越「小山さんのソロ楽しいから頭から離れないのよ」
小山「エアマンさんとやりすぎなくらいイケイケでって作ったから」
加藤「頭からグッバイ👋しないとw」
小山「やってよ!」
加藤「人のソロいじるの楽しい!」
小山「どんだけあやめが楽しかったか分かってくれた?」
加藤「3年越しくらいで分かった」
増田「シゲ前半が多いよね」
小山「俺とシゲは前半だよね」
増田「俺が1番最初だから今度は1番最後にしてもらおう」
小山「手越はクセ強いから1番最初にできないよね」
Addictのフリ真似をするコヤマス
増田「腕折れるやつね」
手越「折れてるんじゃない!wあれは強い男を表現しているの!」
加藤「ソロの順番は俺らで決めないからね、プロデューサーさんが決めてるから」
小山「クソ強…wじゃないクセ強w言葉が悪いw右肩にサルじゃなくてナスは?」
増田「Pumpkin?」
小山「右肩にサルだとただ襲われてる人になっちゃうw」
増田「SUMERMANだ」
手越「Pumpkinは?」
増田「♪ぎゅってしたいよ〜ってやつね、初めてEDMやってみたんだけどクセが強すぎて伝わらないから歌詞だけかわいくした!シゲの今回のソロもさ〜」
センステを指す増田さん
加藤「指さすなそっちを!w」
増田「あ!w」
加藤「たまたまですよ〜w」
小山「あそこ指してたけど歌わないから!そっち(舞台の端)行くから」
増田「すみません!」

小山「ジュニアが今回から変わって、MADEは舞台があってね」
加藤「イケメンヴァンパイヤね!最近のジュニアはVtuberやったりしてるんでしょ?」
小山「見た見た!」
手越「いいなー!FFやりたい!」
加藤「そういうんじゃないんだよ!w」
小山「キャラクターが出てくるんだよね」
加藤「キャラクターの中がジュニアなんだよ、ラジオみたいな感じ」
手越「なんで?アンドロイド?」
加藤「チャットでしょ?」
手越「誰と?」
加藤「ファンでしょ」
増田「調べてくれよ!」
手越「ググろ!」
小山「裏に事務所の人いるから聞いたらすぐ分かるでしょw」

ジュニア紹介*1
渡辺「どうも〜!」
加藤「スーパーのヒーローショーのテンションだな」
小山「そんな元気じゃないじゃん」
手越「はるきは滝沢くんに直談判してNEWSのバックにつきたいですって言ってくれたんでしょ?言っていいか分からないけど」
渡辺「去年滝沢歌舞伎に出させて頂いたんですけど、シゲくんが『お前は裏切るから!』って」
加藤「ジョークですよ!w」
増田「MADEは裏切ったんでしょ?」
無反応のジュニア
増田「…そんなことないって言わないと嫌なやつになっちゃうだろ!!俺が焦る!!」
小山「MADEは新たなステージに行ったんですよ」
増田「誰もつっこまないから」
小山「増田先輩にはまだいけない、怒られると思ってるんだよ」
増田「俺のボケが雑、下手くそだったね…」
小山「へこまないで!」
加藤「喜びながらも、仲良いからですよ?裏切ったな!ってw」

加藤「はるきとは部屋で飲むことがあったりするんだけど、そのときに『出させてください!』ってずっと言ってくれてて。でも味スタはジュニアつけなかったし、encoreはEPCOTIAと同じだから出られなくて…でも今回MADEが出られなくて、ジュニアつける?って話になったりもしたんだけどはるきが滝沢くんに直談判してくれてね」
小山「ジュニア忙しいけど最後ははるきが残ってくれる」
増田「4人は前からついてくれてる子で4人は会ったことなかったんだよね」

西村くん
加藤「前にいるように見えるけど顎が長いだけだからね!」
小山「シゲ!wファンの前では顎いじらないで!w」
加藤「可愛がりですよ!滝沢くんとジャニーさんに新しい4人を育って欲しいって言われたんだよね」
手越「なんかしゃべりなよ」
小山「ジュニアのMCにNEWSが参加してみた。みたいな」

今村くん
今村「好きな言葉は恋のABO!」
小山「先に名前言わないの?!?!」
加藤「キャチコピーみたいなのだよね?小山さん焦らないで!w」
増田「1番最初にこういう人くると最後嬉しいよね」

高橋くん
手越「就職活動みたい」
加藤「21歳ってマジで就活だもんな」

佐々木くん
佐々木「NEWSKOOLで位置が悪いと言われた佐々木たけるです!」
手越「(人文字)Sの相方な!キラキラネームだもんな〜ラモスるいのる?」
小山「裸にパーカー着てるの?気持ち悪いよ」
佐々木「パーカーの下着てます」
手越「そんなの関係ねえ!『でもでも〜』のキレがいいね」

仲村くん
増田「なんで俺としゃべってるんだよ」
仲村「手越くんのモノマネできます!ナイスゴイス〜↑」
手越「マイクの持ち方のクセwビジュアル系バンドの持ち方w」
仲村「したら…」
小山「タメ口?!w」
増田「上脱いでみろ」
小山「すげえ上脱がせるじゃん」
増田「そんなの関係ねえやれ!」
途中で心折れる
小山「大丈夫!」

増田「手越さん時間なんで」
小山「上脱いで!」
手越「そんなの関係ねえ〜!ナナナナ〜ナナナナ〜週7木の実ナナ〜!7、8、9、10!
加藤「手越祐也さんでした〜」
手越「みんなしゃべりな〜」
加藤「やり切った感出してるね」

新藤くん
小山「グッズ並びに来てくれたんでしょ?」
加藤「今回はグッズ手に入れたの?」
新藤「ラゲッジタグいただきました!」
加藤「なんで数あるグッズの中でラゲッジタグなんだよw使い心地どう?」
新藤「最高です!」
ジャニーズバングルをしてる新藤くん
増田「左カメラもっと写してあげて!それどうしたの?」
新藤「貴久くんがくれました!」
加藤「まっすーのこと貴久くんって呼んでるんだ」
増田「メールで貴久くんって書いてあるとキュンとする」

植田くん
小山「焦るな!来たら来たで緊張するんだよね」
加藤「ほしがるな〜」
増田「すっごく大事な場面だからね!真面目な印象残したほうがいいからしっかりやったほうがいいと思う!」
加藤「鬼だなw植田くんはスニーカー好きなんでしょ?」
増田「よくスニーカーの話するよね」

西村くん
増田「佐々木は小山プロデュースで、西村は目がかわいいのよ」
西村「自己紹介してもいいですか?」
増田「ダメ」
西村「顎が長い人がいたらだいたい僕です!」
加藤「西村は受験してたよね?NEWSの仕事のとき」
増田「これから大学生?」
西村「友達作るのを困ってます」
加藤「リアルだな」
佐々木くんとヒソヒソ話してる小山さん
小山「何気ない時にいくから、場稼ぎで」
増田「ホッとしてない?多分この会場の誰も待ってないけどね」

今村くん
加藤「増田さんはジュニアとご飯行った?どう?別だったのよ」
増田「『NEWSに出たくて』ってずっと言ってて、楽屋にも来てくれてた!(マイク)自分で持ってやれ!」
加藤「嬉しいね」
今村「小山くんの『Youたちおまたせ』がめちゃめちゃクールで」
小山「恥ずかしいこと言うな!w」
加藤「念願叶ったんだね」
今村「まだ4ヶ所目ですけど、楽しくて、終わって欲しくないなって…憧れている先輩が実は小山くんで、whiteの前から名前を上げさせて頂いていて」
小山「お前珍しいな?!」
加藤「なんで好きになったの?」
小山「そこまでは興味ないでしょ」
増田「多分ジャニーズ史上初」
加藤「いつたけるくるんだよ?!?!」
小山「必殺たけるずらしよ!タイミング探してるんだけど、ずっと唇がプルプルしてて…もうパーカー着な!」
加藤「でも小山さんを尊敬してくれて成長していくの嬉しいね」
小山「まじでwhite前から?珍しいな!」
加藤「そんなことない!」
秩父宮でドリンクをもらった事がきっかけで小山さんのことが好きになった今村くん
小山「ドリンク?」
加藤「熱中症にならないようにって渡してた」
小山「俺のこと好きなの?言葉にしないと分からないよ!」
増田「これ飲んどけ(ドリンク渡す)」
小山「ふざけんなw俺の唯一の!」
加藤「好きな先輩は?」
今村「増田くんです!」

小山さんのYOUたちお待たせで後半戦に行こうという流れになり
加藤「今まで知らないもんだね、YOUたちお待たせとかさ、やっておいたほうがいいんじゃない?」
小山「そういうとこあるぞ!変なリアクションになるじゃん…このストローク恥ずかしい!」
増田「真ん中でやりなよ」
小山「YOUたちお待たせ!…まだ暗くしないでよ〜見えない;;」

 

*1:顔と名前が一致してないので間違ってたらすみません…自信ないです…

【2019/04/07 1部 仙台セキスイ】NEWS WORLDISTA MC

 

4曲目後ミニMC

増田「何やってるんだよ」
加藤「連れて行けよ!」
手越「すげえいい匂いする
加藤「位置について!」
小山「恥ずかしかった」

小山「みんな起きてる~?NEWSです~!」
\イェーイ!/
小山「付いてくれてるジュニアです~!」
\フゥー!/
小山「ジュニアのときはフゥー!なんだね!みんなダッシュしろ!」
無視するジュニア
小山「舐められたもんだよ」
手越「反抗期だから」
小山「そうやって…小山っていっつもそう!全力でジャンプ!」
少しだけ飛ぶジュニア
小山「もう嫌い!」
加藤「ジュニア、全力でジャンプ!」
指示に従うジュニア
加藤「信頼と実績の加藤シゲアキですよ!小山ダッシュ!そこでジャンプ!すしざんまい!あはははは!今日もキレてるね!よっ最年長!」
小山「こんなはずじゃない!扱い方雑!」

 

小山「じゃあMCするね、一回ゆっくりしよう」
手越「MCターイム!」
加藤「普通のことを大きい声で言うのやめて」

加藤「SAY牛!」
\……タン?/
小山「それは俺も分からなかったよ」
加藤「ずんだ!」
\もち!/
加藤「伊達!」
政宗!/
加藤「いいね~w」
小山「それ難しくない?I say牛!You sayタン!みたいな」
加藤「感じて欲しかった」
小山「何言ってるの真面目な顔であんた」
加藤「みんなのバワリー試してみてた、牛\角!/じゃないのよ」
小山「牛角!喜んで!」
手越「牛角!喜んで!」
加藤「でもそういうのほしいよね」
小山「カト!\シゲ!/」
増田「カタ!\カナ!/」
手越「傘を!\さささない!/」
加藤「持たないだから、シンプルに失礼」
小山「ピンクと\グレー!/とか」
手越「グレーと!\TERU!/」
増田「グレーにTERUだから」
加藤「NEWSってみんなで言うやつほしい」
増田「俺たちの名前は?NEWS!って言ってるじゃん、NEWS↓ってちょっと尻窄み」
小山「NEWSのSって難しいよね」
増田「Sを強調するバージョンで」
小山「ちょっとやってみる?よかったら採用するかも」
増田「マジのテンションで行かなかったら殴りに行く
増田さんの後ろに回って衣装の裾をパタパタする手越さん
増田「♪これから一緒に殴りに行こうか〜(チャゲアス)」f:id:midoriiro2:20190410221928j:image

加藤「違う歌じゃん」
小山「TEGO&MASS」
加藤「TEGO&MASS\よろこんで!/」
増田「嵐のLucky Man、♪When I say lucky U say man!Lucky\Man!/あれもらえないかな」
小山「Fighting\Man!/とか」
加藤「ワール!」
\ディスタ!/
小山「思ってる以上に声出たね」
手越「腹筋すごいから、肺活量ゴイゴイスー!」
増田「牛」
\タン!/
加藤「仙台ってあとなにある?」
増田「仙台がもう強いからね、♪When I say lucky牛タン U say man!Lucky牛タン\Man!/」
小山「いま角!の人いたwせーのNEWSやる?せーの!」
\NEWS↑!/
増田「もとのE(にアクセントをつける)にしよう」
小山「NE↑WSにしよう、こっちで」
加藤「せん」
\だい!/
加藤「牛」
\タン!/
小山「たきつばさんとかもこういうの(コール)あったよね、なんか開演前にものすごいNEWSって言ってる人いない?」
加藤「同じ人なんじゃないかなって思ってる」
小山「しんどくないのかな、ずっとやってて」
手越「ボーカリスト向いてるよね、裏まで聞こえてくるもん」
小山「そうとうだもんね」
増田「なんならちょっと怒ってるくらいの」
手越「言ってよ!言ってよ!のテンションなのかな」
加藤「野党のボリュームだもんね!野党!霜降り明星(小声)
手越「どうも野党加藤さんで」
加藤「そこは野党シゲアキでいい」
手越「あ〜1ポイントあげる!1バワリーあげる!」
加藤「適当すぎるぞおい」
増田「さっき1万バワリーもらったのに1バワリーしかもらえないのw」
加藤「こんながんばったのに1万1バワリー」
手越「パッパラパー!」
加藤「むかつくなシンプルに」
小山「うるさいな!5分前から(NEWSコール)やろうみたいなのあるのかな」
加藤「それはそれで悲しいね、そろそろかな〜?みたいな、バイブスできて欲しい」
小山「どうなの?しんどい?」
加藤「無理しないでほしいね」
小山「事情はいろいろあるからね」
増田「でもそういう決めた感じ嫌いだわ〜」
小山「いつもの人が言ってたらどうするの?」
増田「あの人は放っといて
加藤「始まる前の歌作ればいいんじゃない?♪これから始まるNEWSのライブ〜けーちゃんまっすーてごしシゲ〜みんなと会えるの超楽しみだ〜welcome to WORLDISTA!みたいな」
小山「覚えた?wみんなで歌おう」
加藤「俺が覚えてない」
増田「もう1回歌ってよ」
加藤「思い出せない!アドリブだから…♪これから始まるNEWSのライブ〜みんなと会えるの楽しみだ〜けーちゃんまっすー」
小山「てごしゆうやにする?」
加藤「シゲは?!♪シゲアキだっているんだよ〜welcome to WORLDISTA〜!」
増田「♪シゲアキだっているんだよ〜↑welcome to WORLDISTA〜!にしよう」
加藤「キー合わせるの?w」
「「♪これから始まるNEWSのライブ〜みんなと会えるの楽しみだ〜けーちゃんまっすーてごしのゆうや〜シゲアキだっているんだよ〜↑welcome to WORLDISTA〜\(^^)/」」
加藤「でも本当に始まっちゃったら困るねw」
増田「出てこないよ」
小山「知らない人が聞いたら?!ってなるよね」
手越「必死にカップリング探す」
増田「ネットで『NEWS 公演前 カップリング』で検索するよね」
小山「CDにしてつけたらおもしろいんじゃない?」
手越「前MC集とか出してたもんね」
加藤「かっこいいverも欲しいよね」
小山「作ってよ!歌詞同じでもいいから」
増田「♪これから始まるNEWSのライブ〜」
加藤「裏取っとく?wラップになるね」
増田「今日1番の思い出だよね、出るときに♪これから始まるNEWSのライブ〜って」
加藤「シャワーしながら♪これから始まるNEWSのライブ〜って出てくるよねw」

WORLDISTAのSTILLで内緒ポーズしてる加藤さんの話
小山「シゲあそこなにしてるの?」
加藤「あそこは内緒だよ!ってしてるの、Sはショナイですよ
小山「下から(内緒ポーズ)するんだよね、見てるよ!」
加藤「見るなよ!集中しろ!どうやって見てるの?」
小山「顔正面に向けてるけどサングラスしてるから黒目だけこっち(斜め後ろにあるモニター)に動かしてめっっっっっちゃモニター見てる
増田「目透けてるから」
小山「メンバーがキャー!ってなるポイント見るのが好きなの」
手越「ソロ超かっこよかったよ!ランウェイ!」
加藤「手越さん今日のソロは」
手越「あ〜今日はもう機嫌悪いからgood-by!👋」
小山「気にいんなよ〜」
手越「あっ怒っちゃった怒っちゃったbeast☝️(´・ш・)☝️」
小山「2人でbeastしてこないでよ、今日も裏で『楽しみにしてますんで☝️(´・ш・)☝️☝️(∵)☝️』とか言ってきてさあ」
手越「振り覚えてますから」
加藤「好きな振りはあるんですか?w」
手越「バワリー投げキッス!」
加藤「今日のバワリー投げキッスの解説お願いします」
手越「今日は、愛情はあるんだけどわざと冷たい感じで、大好きなんだけど『好きって言ってんだからついてこいよ(クール)』みたいな」
加藤「どうですか?」
小山「正解ですwデレ期とツンデレ期があるのよ」
増田「デレ期とツンデレ期?w」
小山「そういう演出なの」
加藤「恥ずかしい!解説されるの恥ずかしい!」
手越「増田さんのソロも一緒に歌ってますから」
小山「この人ハモってるのよ」
増田「シゲのソロは?」
加藤「…やってない!!あっぶねぇ」
手越「シゲのソロ、バリ踊るから!フライングする!」
加藤「違うともそうとも言えないから困るw次手越のソロなんだからハケろよ!」
小山「言った!w」
手越「俺らいつもソロで好き勝手やってるから情緒不安定だよね」
小山「(手越が)1番情緒不安定じゃん!イケー!って」
手越「よく言うよあの人(加藤さん)だってクレーン登ってるじゃん!」
増田「ブレてないの俺じゃない?まあまあ同じようなソロ作ってる」
手越「シゲも世界観がブレてないよね、シゲアキ色が強い」
増田「シゲシゲしいよね
小山「なに?ワタシがブレてるって言いたいわけ?(おネエ風)」
手越「あれ好きだよ、♪こんなに愛してるって伝えたくて〜ってやつ」
小山「Sterryね」
加藤「♪綺麗な雨〜は?」
小山「それはBeautiful Rain、よく知ってるね!バワリー差し上げます」
手越「これは?(スケートを滑る真似)」
増田「清水選手?」
手越「これ知らない?Private Hearts
増田「みんな知らないかもしれないけどローラースケートのジュニアで小林くんの次についてた」
小山「スケートやってここ(ハケ口)に行って」
手越「パシュート!」
加藤「しなくていいから」
小山「掴みがないとハケないんだよ、今日はスケートできたんだろうね」

小山「でも昔の曲もやりたいよね、Jサポートとか!増田さんは無所属だったんだっけ?」
加藤「いろいろ入ってたんじゃないの?」
増田「雑誌の企画とかのグループはあったけど、ずっと無所属。初めて組んだグループがNEWSだから大事にしてますよ」
小山「JサポートとかBADとかは?」
加藤「BADって言われてウワー!ってなる?」
小山「五関くんとか入ってたよね?うちわは1個しか出てないっけ?」
加藤「1個じゃない?一瞬だったから」
小山「ジュニア曲もやりたいね」
加藤「千年とか」
増田「それもスケート履いて歌った」
加藤「NEWSの曲歌ってくれてる後輩いるのかな?最近ジュニアの若い子つかないから」
小山「千年はキスマイとかジャンプがやってるよね」
加藤「それこそキンプリとかNEWSついてないからね」
増田「知念が横にいたやつ、ちっちゃい知念が(腰あたりを指す)」
小山「ちょっと待って知念?!w」
加藤「NEWSのとき?会見か」
小山「俺らの初めてついた曲は若い子知らないんじゃない?愛ing進行形とか」
加藤「知らない人いるからやめよう!wそういう意味で言うと若いジュニアつけたらデビューした時貸し返してくれるみたいな打算もあるよね、100人くらい出しておいてさ」
小山「いやらしいことしゃべるなよw」
加藤「初めてついたライブがNEWSでした!みたいな」
小山「0レベルで踊ったりしてね」
増田「みんなステージだった?」
小山「俺はジュニア歴短いから、がっつりシゲもか」
加藤「ステージ上で踊るオーディションみたいなのもあったよ!公開オーディションよ、ジャニーさんってすごいね!」
増田「ジャニーさん目いいからね」
加藤「めっちゃいいよね、なんなら目閉じても分かるくらいだと思う」

加藤「絡まなくて話したことないジュニアもたくさんいるよね」
増田「今回のバックについている子たちも4人初めましてだったしね」
小山「NEWSのライブってジュニアが目立つからね!役割大きいから」
加藤「忘な草緊張するだろうね!こけたらどうしようみたいな、ジュニア毎日違うからね」
増田「今日は上田翔くんで」
加藤「みんな個性あっておもしろいよね」
小山「あそこもエアマンさんが振りつけてるから世界観があるよね…👌お金みたいになっちゃったw」
加藤「隠しミッキーみたいな、隠しバワリー」
増田「隠バ

小山「次なんだろうね〜想像つかないね〜」
加藤「これから始まる手越のソロー♪シゲアキだって残ってる〜♪」
小山「もう忘れたw」
増田「今歌ったら一生歌わないでほしい」
小山「みんな歌って!…手拍子早くない?!w」
増田「テンポ早くね?」
小山「アルプス1万尺みたいな」
加藤「もうみんな飽きてきてる」
増田「シゲの曲がよくない」
加藤「こんな歌わされて?!」
増田「嘘だよ♡よかったよ♡」
小山「夜教えて」
加藤「なんで今ので覚えてないの?」
小山「お父さんすぐ忘れちゃうから!(カゴを回収しながら)買い出し行ってきます!」
加藤「どこ行くの?w」

【2019/04/06 仙台セキスイ】NEWS WORLDISTA MC

 

4曲目後ミニMC

加藤さんの横に寝っ転がる手越さん
加藤「あ゛ーーー!!ここじゃねえんだよ!!
手越さんを脚でホールドする加藤さん
加藤「(意識を)落としてやる!!
小山「なにか言ってやれ1番真面目なますめさん…ますめさんw誰だますめさんってw」
増田「えぇ?!(マスオさん風)」
手越さん正しい位置に戻る
加藤「そう」
小山「みんなで読んで!せーの!」
\NEWS!!/
小山「みんな楽しんでる〜?!長かったねNEWSまで、はい(ジュニア)戻る」
増田「4人は今までもNEWSについてた子たちで4人は新しい子なんだよね」
小山「帰って!ハケて!」
増田「ハケてって言うボケね」
小山「今ね、ますめさん」
増田「ますめさん?!」
小山「帰れよ!新しくついた4人だけ残って!みなさんにお礼して!」
増田「今SixTONESより勢いのある子たちね」
小山「(客席に)笑うのはおかしいから」
手越「このこのこのYoutuberめ〜〜!!」
小山「SixTONESイコールYoutuberじゃないのよ、(ジュニア)いつまでいるんだよ!!」
手越「ステージ大好きだな〜いいね、俺も大好き」
小山「知ってるよ」

水を飲む
手越「人間は7割水ですからねえ〜
小山「手越マイク切って」
手越「歌に支障出るから!」

 

小山「うふふふふ」
増田「ちょっとうるさい」
小山「楽しくなっちゃって、MCゾーンですよ」
増田「セクゾ!」
小山「立たないの?」
手越「誘導して」
増田「立ちなさい!って」
小山「誘導?!さあ立ってください、進んで頂いて、012で(立ち位置を)取って!今から『NEWSです』って言うのでそれなりにニコニコしてください!
手を振る増田さん
小山「めっちゃアイドルするじゃん」

小山「風強かったんでしょ?大丈夫だった?」
増田「みんな髪の毛ボサボサだもんね!通りで!
小山「言うなよw家でみんな一生懸命髪の毛がんばってくれてるんだから」
加藤「黄砂とか飛んでるからパサパサになってる」
小山「みんなアイロン温めてがんばってるんだよ」
増田「そういえばほこりっぽい」
加藤「みんなが連れてきたんだね」
手越「アイロンの温度150℃?170℃?」
加藤「風強い時何守るんだろうね」
小山「ジョジョ立ちでこうじゃない」
加藤「そうやって守るの?増田さんは」
増田「(HOT LIMITのイントロを歌って)こう(両手を頭の上でクロスする)」


手越「風きました、帰りまぁ〜す!小山さんは?」
小山「(立ち向かって歩く)」
手越「なるほど絶え間なく注ぐ愛ですねハーーーーイ!」
加藤「斎藤さんいらないんだよ」
小山「シゲにも聞いてみようよ」
増田「やってみる?」
加藤「(髪をかき上げながら歩く)」
手越「やってよ」
加藤「やってんのよ」

加藤「一番気になるの小山さんでしょ、前髪気にしてるもん!ドラマのときとか」
増田「あの丘のやつね」
手越「(小山さんは)前髪でしょ?👉(増田さんは)後ろでしょ?👈」
加藤「うちわあったら守れるんじゃない?」
小山「うちわでペンペンペン👋(持つ手が揺れる)ってなっちゃう!…風の話長くない?」
増田「今日はスタッフさんが会場早めてくれてね」
小山「間に合った?待とうかなって話もあったんだけどみんながんばってくれたから、ありがとうね!」

小山「男確認していい?男!」
\イェーイ!!/
小山「増えたね!髪の毛のセット何でしてる?ワックス?ジェル?スプレー?スプレーすると髪がパカーってなっちゃうよね」
手越「どうやったらセットうまくなるの?」
小山「俺はうまくないからなんとも言えないけど」
手越「今はメイクさんがついてくれてるけど、昔はシゲちゃんがセットしてくれてた、できないから」
加藤「昔は髪の毛のセット自分でしてたもんね」
手越「家にドライヤー以外ないもん」
増田「コテ持ってる男子いる?」
加藤「持ってるよ
手越「この人(小山さん)持ってんじゃん!」
小山「4本持ってるよ!ストレート2本とくるくるする細いやつと太いやつ!(髪の長さによって)変えないとアチーのよ!知ってる!?」
増田「知ってないよ」
加藤「小山さん自分でメイクするもんね」
小山「美容院行くと綺麗にやってくれるじゃん?それ持ってたらできるのかなと思って買っちゃう」
手越「美容院行った後何もつけないもん」
加藤「切りっぱなし?」
手越「吹き飛ばして終わり」
小山「仕事の前なら別だけど美容院行った後髪洗うか迷うよね、ラーメンとか焼肉食べに行ったあとは洗う」
手越「洗わないな〜飯とか飲みに行く前に風呂入るから、家帰ったらそのまんま寝る」
小山「お風呂入ったら出たくない」
加藤「焼肉とか絶対煙浴びるなってときは?」
手越「入ってから行く」
加藤「札幌でジンギスカン食べに行った時、完全に風呂入ったあとだったじゃん」
小山「コンサートのあとだったからじゃないの?」
手越「前日!でもあれはそんな煙くなかったじゃん」
加藤「あれは煙くないに入るのね」
手越「ボー!って強めやつあったじゃん」
加藤「換気扇ね。結婚式とかどうするの?帽子被れないじゃん、野ざらし?洗いざらし?」
手越「寝癖に水ちょんちょんってつけてドライヤーして終わり!ワックスないから」
増田「結婚式の服装どうしてる?」
小山「スーツ」
増田「1番普通のやつ、ノーマルなのは無地のスーツに銀のネクタイとかじゃん、無地スーツに無地シャツ」
加藤「遊び心入れる人?」
小山「手越さん新郎より目立つでしょ?」
加藤「新郎新婦より目立つのはタブー、モラルに反するって言われてるけどね」
増田「どうも〜↑!みたいな」
加藤「俺なに歌えばいいっすか〜↑?!って」
小山「打ち合わせから参加して」
手越「してないよ!本当に仲がいい人だと歌ってって頼まれることはあるけど」
小山「NEWSのプロデューサーさんの結婚式にさ俺とシゲ手越で行った時さ」
増田「俺だけ仕事で行けなかったやつね」
小山「バンドのセットがあって準備が始まったからなにかな?新郎歌うのかな?と思ったら颯爽と手越が立ち上がってマイク持って打ち合わせ始めたのよ、ギターとピアノの人と一緒に。そしたらフルスイング歌ったのよ!wずっと用意してる俺とシゲの気持ち!」
増田「立ち止まっちゃったのね」
加藤「私もここーにいるよーですよ」
小山「テルマ状態」
加藤「しかもフルコーラスで!フルスイングをフルサイズ!長いのよ」
手越「はなむけも歌った、テゴマスバンドの知野さんと河村さんと一緒に」
増田「小山とシゲはいいやってw」
小山「気まじいからゆっくりお茶飲んだ、長げえのよ」
加藤「照れくささもあったよね、目の前で手越が全力で歌うのを見てたから」
小山「いつも以上のビブラートだなって、でも嬉しいよね」
増田「手越の結婚式ではピアノ弾いて歌って、半年くらいですぐ離婚してほしい!がっつりコブクロとか歌ってさ」
手越「半年で離婚?!?!やぁだよ!!」
小山「実際にいるからwともにともに歌ってな」
手越「でも永遠のパートナーとかいいよね!NEWSのマネージャーつくと結婚して子供もできるっていうジンクスあるよね」
増田「だいたいそういう年齢の人が集まってるんじゃない?
小山「でも気がついちゃったのよ!その真相を紐解くと、たぶん仕事中に恋愛してるんだよ!ウチそれ気づいてるからね!(ギャル風)」
増田「分かるぅ〜本人たち気がついてるからね〜!」
小山「仕事中というか同業の人と結婚する人多いよね」
増田「そういう会があるのかな?」
手越「忙しいから出会いがそこしかないんじゃない?でも嬉しいよね」
増田「おめでとうってなるけどNEWS4人でいくつベビーカー買ったか!ベビーカー貧乏だよ!高いもの買ってもらえるって感じで向こうもくるし」
小山「テンションがね」
増田「1番はじめにいいやつ買っちゃったからね」
加藤「あの人にはいいやつあげたのに私には安いやつ?!ってなっちゃうから」
小山「相場決まってたよね、しかもアマゾンプライムで頼むのよ」
手越「翌日だね」
小山「しょうがないけどさ」
加藤「子育てって大変だよね」
小山「この時間(コンサート中)いないんだもんね」
増田「連れてきてももいいんだよ」
小山「でも増田さん嫌でしょ?」
手越「飛行機とか新幹線とかも気使うんじゃない?」
加藤「妊娠中ギリまでNEWS当たっちゃったよ〜〜😩臨月だ〜〜😩でもしばらく行けないしな〜〜😩みたいなこともありそうだよね、どうするんだろ」
増田「子供の託児所ついてるライブもあるよね、あれ憧れる」
小山「まっすー担当だね」
加藤「本番どうするの?!w」
増田「ぐずっちゃって〜みたいな」
小山「でもその間お母さん楽しめるもんね」
加藤「NEWSの歌で胎教とかあるのかな」
手越「チェリッシュ聞いたらほんわかした子になるのかな、BYAKUYAとBLACKHOLEはやばそう」
加藤「I’m comingは絶対ダメだよね!手越のソロは全部飛ばして!イケー!天までイケー!だから」
増田「25くらいまで手越の存在知らないでほしい、男は18くらい」
加藤「18禁?URとか聞かせたらさ、♪生まれた日から今日までの〜でまだ生まれてませんけど?!ってなるよね!子宮から、羊水から!」
小山「すでに顔立ちがはっきりしてるなあ」
増田「(お腹の中から)オーオオー!オーオーオーオー!って」
小山「なんか言ってるなあってなるよね」

小山「今日手越の円陣一言目がひどくて、『令和だね』でwいくぞ!オー!ってならないでしょ」
手越「まだギリ昭和?」
増田「昭和じゃなくて平成ですw」
小山「小渕さんだから『昭和です』はwそれ知ってたら相当歳いってるよ」
増田「奇跡のアイドルみたいな」
手越「ジュニアも平成の人ばっかりだよね」
増田「生まれたときに俺ら仕事してたんじゃない?」
手越「最初の記憶してる曲がチャンカパーナの子とかいるんじゃない?」
増田「生まれがチャンカパーナ
加藤「♪フレフレ〜(希望Yellを踊る)とかね、フレフレベビー」
増田「蹴った!ってなるね」
小山「平成生まれの人?ほぼ平成じゃないか!男で昭和生まれの人〜?」
手越「一緒だ!」
小山「結構いるな」
増田「だいたい年上?」
小山「35くらい?」
\37!!/
加藤「ちゃんと言ったな!?」
ツレがまっすー好きで来た男性ファン
小山「先輩だね、誰が好きなの」
\けーちゃん!!/
手越「かわいいしね」
小山「仲良くなれそう!3個先輩だね」
手越「NEWSのライブに男友達とか連れてきてくれるの嬉しいよね」
増田「でもツレの推し弱かったな!まっすーおすすめしておいて!」
小山「この曲知ってる!とかあるのかな」
増田「アルバムのツアーだからクセ強ですけど」

小山「5/1に元号変わりますね」
加藤「小山の誕生日ね!改名しなよ!令一郎!ミドルネーム!」
手越「けーちゃんって呼んでる人には申し訳ないけど小山令和にしよう」
加藤「いいじゃん、韻踏んでるし」
小山「れいちゃんって呼ばれても振り返れないよ」
手越「心にビースト☝️(´・ш・)☝️」
小山「なんでしゃくれてるんだよ、ししまいみたいになってる」
手越「そこかわいいよね」
増田「もう1回やって」
手越「心にビースト☝️(´・ш・)☝️」
小山「ひょっとこじゃん」
増田「ほしがってひどくなってる」
手越「下で全員のソロ完コピしてますから」
小山「その発表なに?w裏でフリ教えてって」
手越「下のモニターの前でドリンク飲みながら楽しんでますから」
小山「今日もリハしてたらそこでノってるのよ、♪ナナーナってちょっとしゃくれながら」
手越「3回目の『手越さんそろそろハケてください』言われましたけど、やだよーーー!!!!!」
小山「めっちゃビーストだから」

増田「5分前からハケて着替えてくださいって言われてましたからね、5分はいい方ですよ」
加藤「今日は手応えあったんでしょうね」
増田「ビーストで」
小山「しゃくれてひょっとこみたいになってた」
加藤「令和の発表見てた?」
増田「お昼って聞いてたから12時からだと思ってたんだよね、11時30分とかだったでしょ?ギリギリだった、起きたら終わってるところだった」
加藤「ワクワクしたよね」
小山「ホテルで見てたんだけど緊張した」
令和を掲げる真似をする加藤さん
小山「加藤シゲアキくん(国会風)」
増田「一瞬見えた気がしたよね」
加藤「先に「れいわです」って言われて、どういう風に書くんだろう?って思って!」
増田「エイプリルフールだから『パンダです』とか、『ぱぴぷぺぽ…おっとこれじゃなかった』とかやるんじゃないかなって期待してた」
加藤「やらないでしょw」
小山「国レベルで嘘着くの?w」
加藤「文字見たらオー昭和に似てるな!とか思ったけどもうしっかりしっくりきてるもんね!かっこいい!最初読めなかった」
小山「令和ってL?R?パンダだとPで駐車場になっちゃうw」
加藤「Rでしょ」
小山「R1って聞いたことあるな?ドリンク?
増田「1人のお笑いでしょ、令和もみんなで思い出作ろうね」
小山「誕生日だから覚えやすいね、GW長いんでしょ?10日くらい?」
加藤「今年は祝日なんだよね」
増田「GWの話あんまり響いてないよ」
小山「仕事なの?バイト?」
加藤「稼ぎどきだもんね」
増田「GW年齢ごととかで分けて欲しいよね、俺は結構そのタイプ」
加藤「俺ら関係ない仕事してるからね、道混むな〜みたいなネガティブなイメージがある」
増田「みんな分かれるといいよね、20代はだいたい4月とか、4月中にみたいな」
加藤「でも親子で揃えたいとかあるから」
増田「申請スタイルで」
小山「そっち(シゲマス)はバイト経験ないもんね」
加藤「なにやってたの?レジ打ち?」
小山「俺ジャニーズ入ったの高1の最後だからスーパーの生鮮食品でバイトしてた」
加藤「棚卸し?」
小山「鰹節並べたり!休憩室行くとお母さんくらいの年齢の人がたくさんいて、当時154センチ高1の俺、すぐやめた」
加藤「時給は?」
小山「650円とか」
加藤「そのときはそれくらいだったんだ」
小山「おかしかったのよ、今は(最低賃金)決まってるから」
増田「俺らお金の感覚ないからね、ギャラはクッキーだし!ww(自分で面白くなっちゃってる)」
加藤「ワロてますね」
小山「やばくない?ジワる」
増田「だからバイトの話ついていけなかった」
小山「いつまでその設定でいくの?」
加藤「この前ソレダメ見てたんだけど、尿検査の話してたよね」
増田「尿の専門家がきてね」
小山「おしっこ?」
加藤「お小水よ、なんかみんな尿検査を発表していくんだけど増田さんどうするのかな?って思って」
増田「結果がフリップに書いてたんだよね」
加藤「めくりで隠してあって、増田さんはハートだった、それはそれでキモい!」
増田「あんな感じよ?」
小山「フリップショーだったんだ、逆に真面目だね」
増田「真面目でした」
小山「クッキーといちごなんだね」
増田「何がブレてます?」
加藤「トイレにハートが落ちてたらまっすーなんだね」

黄色いドリンクを飲む加藤さん
小山「ちょっとしげ…ww色が…ww」
加藤「やめなさいよ!(カメラさんに)映すな!すげー飲みにくい」
小山「流れがあったからww」
加藤「ビタミンCだよ」
増田「楽しい時間を後半も過ごしてくださいね〜」
加藤「端っこも見えてますよ〜」
小山「立てる方は立って頂いて!自由な見方で!」
増田「後半も盛り上がって声出して、最後までステキな思い出作りましょう!」

 

NEWS担のSixTONES『CHANGE THE ERA -201ix-』感想文

 

調子はどうだ横アリ〜〜〜〜〜!!!!!調子はどうなんだッ〜〜〜〜〜!!!!!

f:id:midoriiro2:20190325230241j:image

妹が始発で横アリに乗り込んで買ったほくちょす。
というわけで北斗担の妹に「アルヨアルヨ〜チケットアルヨ〜」と家庭内ダフ屋吹っかけられたので軽率にスト単独行ってきました。
横アリは駅から近くてトイレ綺麗だから大好き。立ち見、お前は許さん。つうかジュニアで横アリ埋まるってなんなん?デビューってなんなん?

せっかくなので感想文書きましたがジュニア界隈は無知の極みなので色々間違ってたらごめんなさい!!殴らないで!!
前回の感想文はこちら
midoriiro2.hatenablog.jp

 

・オープニング〜hysteria
どこから登場するのかな〜と思ったらセンステ上から下りてきて「KAT-TUNのUNIONで見たやつ!!!!!(進研ゼミで習ったやつ!の読み方で)
UNIONから半年くらい経ってるけどあの変態機構生きとったんかワレ…!!
そして髪色が地味!!!!!いや別に地味ではないんだけど、最近推しグループ(アラサー)がピンク髪2銀髪1黒髪1で編成されているので…(笑)つうか茶髪の松村北斗さん恋でゎ?興奮しすぎて最初にモニター抜かれたとき妹をキンブレで思い切り殴ってしまった。ごめん。
そのあと鏡に写った姿を小型カメラで自撮りする演出があるんだけど、めちゃくちゃ凝ってるな〜と思った。そのあと全身鏡蹴り飛ばしてて治安の悪さにニコニコした。他の日は知らんけど初日は半分くらい倒れてなくてニコニコした。

・Amazing!!!!!!
hysteria終わりに寝転んでたから「もしや…!」と思ったらあぐらかいてAmazing!!!!!!いや〜この流れ誰が考えたんだろう。すごい。曲間のつなぎがスムーズだと見てる方もノーストレスだよね。天才。
Amazingは樹くんがすげえ腰振るから毎度びっくりしちゃう。さすがfrom千葉。あと高地くんの「任せろLOVE」で私の中のリア恋モブが死ぬ。

・愛コマ〜fall down
燃えた(偏差値3)

・JAPONICA STYLE
何回聞いても名曲…大量の花びらが待っててMVみたいだった!!予算の力!!
間奏で北斗くんが「お前ら一生離さないから(ニュアンス)」って言った時、隣の妹の絶叫で横アリ吹き飛ぶかと思った。

magical song(高地ソロ)
マジカルソングを2019年に聞くことになるとは。エモ。
曲中バクステで「やばい間に合わない!」って言い出したから「おっバイクか?ぅーの三輪車バイク借りてきたか?」と思ったら自転車!!!!!健全!!!!!

f:id:midoriiro2:20190327180141j:plain↑ぅーの三輪車バイク

・HBB〜ライナウ〜Dモ〜Battery
この流れがめっちゃ好きだった〜!
高地くんのHBBかなり上達してたのが素人耳にも分かったし、これは中丸雄一に入門してますね…?中丸イズムを感じるボイパ。
サングラスをかけて登場するんですけど、前週のNEWSコンでサングラスをかけ始めたしげぴにキレ散らかしていた*1ので「お前もか〜!!」ってなった。(笑)でも北斗くん透けてるサングラスめちゃ似合ってたのであれはあり。しげぴも透けてるサングラスにしよう。送るから連絡先教えて?
ここか忘れたけどジェシーが外したサングラスを口に咥えていて「新たなサングラス芸だ…!!」って感嘆した。サングラスには外す以外にも用途があるんですね。
Dモの前にダンス中に全員固まって、背景が神殿から地獄に変わるバグみたいな演出があったんだけど(伝わる?)これはERAとERRORをかけてたりする?しないか。

・シクセン〜ハルカナ約束
かつん調教されたヲタクなので一生懸命クラップしたり野太い声でオイオイ!言ってたんだけど、周りでやってる人いなかった。かつんの女炙り出しソング。
ここからしばらくスタトロタイムなんですけど近すぎてちびりそうになった。北斗くんのうちわ抱えてたのですが、がっつり目を合わせながらお手ふりを頂いてしまいCOI-GO-CO-RO溢れてるよ〜!!!!!情熱止まらない〜!!!!!
きょもの圧倒的ドール感に震えたし、じゅりたん厚さが薄型プラズマテレビだし、圧倒的リア恋髪色似合ってる高地くんだし、ジェスの彫りに住みたいし、しんたろぴはほぼ野村周平。欲がないときほどいい席引けるデジチケあるある。
Jump’in upで名前叫べるの楽しいよね。じゅったん!呼びが公式なの最高。

・みはり(松村ソロ)
松村北斗さんに読んでほしい日本語第1位「楽園は崩れ落ちた」
明朝体の歌詞で埋まるモニターも最後の心中エンドも超好き…芸術…あやめが刺さる方の加藤担なので嫌いなわけないんですよ…
myojoはジュニアランキングで「心中したい部門」を開設して。全力で投票する。北斗くんはパーソナル文豪デザイン:太宰治

・ラップ(田中ソロ)
カシワ・ディビジョン

・少年たち
無知なデビュー組担なのでガチ目の刑務所映像でびびる。すげえ。ジャニーズの美貌を殺してる丸刈り。(ただし顔がいいのでおk)
ジャニーズ事務所も某ラブドリームハピネス事務所みたいに王子様を渋滞させてほしい。

・MC
ボケ属性しかいないことがよく伝わってくるMC。じゅりたんが頑張ってるけど収集がつかない。(笑)


茶髪にした理由を「プールに入りすぎちゃった♡」って答える北斗くんぺろい。

ジェシーソロ、森本ソロ
 申し訳ないのですが存じ上げない曲で、後々調べたら藤井フミヤさんと剛くんの曲?なのかな?歌がうめえ。
散々ふざけてた2人がソロコーナーではビシッと決めてるとギャップでドキがムネムネしちまうぜ。

・YOU
ストライプスーツで椅子の上に立って上から吊り下げられたマイクで歌う演出が超好き。この説明じゃ見てない人にはなんのこっちゃだろうけど(笑)
丸めがねかけてストライプスーツ着た北斗くんがめっちゃ星の王子さまのしげぴ。プリケツ具合もしげぴ。f:id:midoriiro2:20190324235258j:image

・ズドンの歌
スト「大きく」
\ズドンズドン!/
スト「小さく」
\ズドンズドン!/
私「ヲタクの声揃っててすごいね!みんな予習済みなの?」
妹「今日初披露だよ
ゑ?????なにその順応力?引く。(褒めてます)
北斗くんがジェスと同じくらいはしゃいでてなんか意外だった…けど割とひょうきんキャラなんですかね?最近気がついてきた。かわいい。は〜いミスターズドン先生!

・TABOO
イケメンカプセルホテル

・ラブジュ
4人分のネクタイをジェシーが咥えていて私は…?!次回「ここだけの話めちゃくちゃ興奮した」性癖デュエルスタンバイ!!

・京本ソロ
オリ曲なのかな?厨二病で最高。
ズドンの歌の後ペンラを消すように指示*2があるんだけど、ほぼ真っ暗で綺麗だった〜!

 

総括:セトリがKAT-TUNのコンサート
まあ人数が同じだから歌割りもしやすいんだろうな。あと同じグループの曲使った方が円盤化しやすいのかな、知らんけど。相変わらずろくーん厨なセトリ。
で、二番煎じだから云々…みたいなことが言いたいのではなく!本当に本当に楽しかった!ジュニア現場は2回目だけどデビュー組に負けないクオリティーのライブを作っててすごいなと思いました。衣装もかっこいいし。デビューってなんなん?(2回目)
SixTONES外野から見ていても勢いを感じるし(anan表紙とか!)、追加公演仙台って強気すぎる。がんばってほしい。

配信も見たかったのですがちょうど予定が入っていたんですよね〜見逃し配信してほしい!「500円って実質タダどころか本質利益」って課金で感謝を示すタイプのヲタクは思うんですけど、スマホネイティブの中高生やジャニヲタ以外には高いのかしら。リピートできないし。そもそもクレカ持ってない人もいるし。
「事務所はネット事業始める前にやることあるだろ!!」マジその通りですけど(笑)「FC入るほどでもないけど気になるな〜」という層に都度課金ネット配信は絶大な効果があると思うのでぜひ続けてほしいです。

ところで私の誕生日にほくちょすがVS出るらしい。私信か?見ます。

 

*1:しかもかけたわりに1曲で外す…まあ顔がいいからなんでもいいんですけど…

*2:この映像もシュールホラーで最高だった

【2019/03/17 2部 マリンメッセ福岡】NEWS WORLDISTA MC

 

4曲目後ミニMC
小山さんの上に乗る手越さん
小山「お前〜!1番ダメなやつ〜!Wに来ちゃってるぅ〜!君はNゥ〜!早く行って〜!」
NEWSの文字完成
小山「せーので読んでね!せーの!」
\NEWS〜!/
小山「見えてる〜?俺たちの名前はNEWSで〜す!」
増田「どうもNEWSで〜す!」
小山「増田さん足りてない!気になって、1人分足りてない!気使ってみんな!」

メインステに戻るジュニア
増田「ダッシュしてジャンプして!」
手越「真夏の海岸みたい」
わざと転ぶジュニア
増田「衣装が汚れるからやめろ!!」
小山「今回も増田さんが用意してくれたからね」
増田「8ビット風の衣装ね」
小山「かわいいね」
増田「やめろよ〜公には衣装作ってるって言ってないんだから〜」
小山「めちゃくちゃ嬉しそうじゃんw」
手越「8ビットね!ビットコイン!」
小山「適当なこと言うなよwビットコインの話ここでするわけないだろ!」

小山「みなさんバワリー貯まってますか?!」
増田「みんな声が出ないなんてことはないよね」
手越「声出さないと関サバにして食べちゃうぞ〜
ふざけていてなかなかスタンバイしない手越さん
小山「早く乗れよ!腕下ろして!」

 

ナレーション「〇〇バワリー獲得です」
小山「あざっす」
暗転中に増田さんの膝に乗る手越さん
手越「アーー!!」
小山「それにびっくりした〜;;そんな手越にびっくりした」
加藤「一時停止してるw隣から弱々しい『あー』って声がしたw人って本当に驚くとこうなるんだね」
小山「かっこいい顔で一時停止してるね」

増田「MCゾーンに突入ですよ!セクシーゾーン!」
手越「セクゾ!ハニーボーン!脚気ゲーン!」
小山「(セクゾは)何カ国あるんでしたっけ?」
増田「♪195カ国の〜背中を乗せながら〜!あんまり後ろ行くと落っこっちゃうからねマリウスみたいに」
加藤「無事でよかったよ」
小山「どうも〜セクシーゾーンで〜す!」
増田「セクシーゾーンの程でMCする?」
手越「バラ持ってきて!
加藤「偏見がすごい」
小山「セクシーゾーンっぽいものって何だろうね」
加藤「それが思いつかない時点で俺たちはセクシーゾーンにはなれないw」
小山「白馬とバラ持ってきて!
手越「セクシーゾーンといえば僕らのファーストチョイスは股間ですからね!
加藤「それ好きだなwいつもやってる」
小山「親子席もあるんだから察して!子供もたくさんいるんだから」
手越「はぁ〜い今のは忘れましょう!」
小山「お母さん気まずいから」
手越「ねえシゲ!」
加藤「…ねえ手越!」

小山「福岡も最後ですけど、URすごかったね!」
手越「声大きかったね、いつもすごいけど『今日すげえ!』って思う日あるよね!みんなのエネルギーが伝わってきた」
加藤「バワリーがね」
小山「後半も声出し切ってね〜」
手越「みんな腹筋バキバキだよね!6つに割れてるんじゃない?マッスルマッスル!」
小山「うるさいなあw」
手越「出た!過敏になってるのよ!知覚過敏!話の延長線上にあるのに!」
小山「甘やかしてるからこうなるんだよ〜誰〜?」

小山「喉ガラガラにしていってね」
加藤「みんな明日休み?」
増田「ちょうど卒業シーズンじゃないの?テスト期間とか?」
加藤「テストは終わったよね?」
増田「街並み歩いてたら…」
小山「街並み?w」
増田「袴着て歩いている人がいたか何のシーズンかな?って思って聞いたら今卒業式多いんだって」
小山「着地惜しいな〜w」
増田「着地はこう!あんまり後ろ下がると落ちちゃうから!マリウスみたいに!」
手越「でも体頑丈でよかったよね〜」
加藤「…デジャブ!!」

小山「明日仕事の人?」
\はーい!/
加藤「これが現実」
増田「明日休みの人?」
\はーい!/
加藤「これも現実」
小山「なんだよ〜」
増田「あんまり後ろ行くと落ちちゃうから」
加藤「デジャブパート2!!
増田「学校明日から始まるんでしょ?主婦の人は幼稚園行ったり」
小山「旦那に内緒で来た人?お母さんに内緒で来た人?」
増田「それはダメでしょ、お母さんに言わないできちゃ」
小山「でも何か理由がある人もいるかもしれないじゃん」
増田「俺も言ってないけどね!静岡は言ったけど」
加藤「福岡は内緒なの?w」
小山「家族は誰よりもスケジュール知ってるでしょ」
手越「1番のファンだよ」
小山「貴久〜って言われてないの?」
増田「自分の親が運動会見にくるテンションでライブに来て欲しくないのよ、シゲは分かるでしょ?」
小山「巻き込まれてるwシゲ答えてないよ!」
加藤「嫌ではないけど」
増田「シゲは分かるでしょ?(圧)」
手越「うちのマミーは…」
小山「マミー?飲み物?」
手越「ツアーの当落っていつだったんだっけ?WORLDISTAの当落のとき実家にいたんだけど『ゆうや聞いて!静岡当たったの!』って、席は1番後ろだったみたいだけど初日に来てくれた!親戚一同でFC入って協力して申し込みしてくれてるらしいよ」
小山「名義を集めるんでしょ?こっちは結構知ってるんだからね〜!今日もどうにかして来てるんでしょ?」
加藤「(当落のときって)どんなテンションなの?」
手越「みんな誰かのFC入ってチケット外れたことないの?」
加藤「FCはないな〜外れたことはあるけど!チケットぴあとか!
小山「増田さんはB'zでしょ?」
増田「ようこそ!!(稲葉さんの真似)」
小山「手越はラルクさんとか?」
手越「俺ぶっちゃけてもいい?中学のとき男子校でモー娘。のFC入ってた!俺アイドルファンだったからみんなの気持ち分かるのよ」
小山「モーヲタ?」
加藤「外れたことあるの?」
手越「あるよ!横アリ!」
加藤「確認する前に周り見て結構みんな落ちてるな〜みたいな、あ!メール来たってスマホに表示されてもその時点じゃ分からないの?」
手越「落選したらメール来ないから」
増田「メールでおめでとうございます!っていうのも嫌だけど」
手越「外れたらメール来ないから」
加藤「就活と一緒だ」
小山「外れたらふざけんなよ!ってなるの?」
加藤「ふざけんな!orz(おるず)!
手越「久しぶりに言うけどうざいな!!」
加藤「落選orz!それか無だよね、落選を確認して『あれ、なんか空がにじんで見えるな…』って」
小山「数日引きずるよね」
加藤「当たったときはよっしゃー!!って」
小山「逆にはにかむパターンかも」
加藤「俺だったらまず遠目で見るね、ちょっとずつ近づいて当の文字が見えたら『え?!(二度見)』」
小山「スクロールw大きく書いてあるの?」
加藤「一行目で分かるよね」
小山「当選するとQRが届くんでしょ?」
手越「(メール確認するとき)手で隠す人いるよね!」
小山「お前今うざいぞw」
加藤「小山さんは?」
小山「メール来たときおっ!ってなって」
手越「ちょっとかっこつけるんだ」
小山「外れてたら無言で街に出るよ」
加藤「何を求めて?w」
小山「行けない悲しみが癒えるまで歩く」
加藤「街の中にいるときに見ちゃったら絶望散歩だよねw友人から『〇〇取れた!私チケとあるよ!』って連絡来たり」
小山「いちいち言わないで〜;;って思う」
増田「神の救いかもしれないよ?FCで2枚取れたら一緒に行けるんだから!もしこやまが2枚取れたら俺に譲るでしょ?」
小山「…はい!脅迫だよ;;全部あげます;;」
増田「だからさ、そういう友達のネットワークが広ければ広いほどたくさん入れるってことなんじゃないの?」
小山「もし4人で申し込んで2人ずつ取れたらどうする?」
加藤「かあちゃんかなw」
手越「でもそれでNEWSのライブ来たことない人誘えたりするんでしょ?男友達と来たりさ」
加藤「そういうので来た人〜?」
増田「挙げづらいわw」
小山「言いづらいよ取ってる人が」
加藤「嬉しいじゃん!本気出すよ!今までも本気だったけどw」
手越「本気出すよってw小学生みたいw」
小山「でもあの瞬間(当落)って嫌でしょ?当たったらいいけどさ」
加藤「ショック和らげる方式の人もいるでしょ?『どうせ当たらないし…今年忙しいからな〜!受験もあるし!』」
小山「予防線張ってね」
加藤「でも当たると『ヒャッホー!!!!!!』って、そんなに喜ぶことって近年ないよね」
増田「あるよ」
小山「でもチケットが当たる喜びって俺らには計り知れないよね」
手越「突発的なのはあるけどね、ズドン!って(喜び)」
小山「言い方w」
加藤「生々しい話になっちゃうんだけど、職業柄視聴率とかね!金田一の翌日とか起きたくないの、9時くらいに起きていろんな人からメール来てるの、怖いじゃん?こうよ(半目でメールを見る)それでまた1時くらいまで2度寝したの、てかよお寝れたな!」
小山「準備してた?どうせって」
加藤「どうせどうせしてた!クリスマスイブだったし〜って」
小山「予防線張ってたんだ」
加藤「怖かった!結果良かったんだけど」
増田「あんまり引きすぎると落ちるよ!」
手越「体が丈夫でよかったな!」
加藤「セクシーサンキュー!w」
手越「仕事に大きいも小さいもないけど、他に言えない大きい仕事ってあるじゃん?近年だと24時間テレビとかそういうの、よっしゃー!ってなるじゃん、偉い人がいるから言えないけど」
加藤「あるね」
手越「心の中では打ち上げ花火よ、♪きーみーがーいた夏はー!!」
小山「4人でいるから出せないよね、今出してみようよ」
増田「ぃよっしゃーーーーー!!!!!みたいな」
小山「今度やってみよ」
加藤「マネージャーさんもその感じで言って欲しくない?」
小山「業務連絡っぽいもんね」
加藤「『すみません、いい話と悪い話どっちから聞きたいですか?』みたいなね」
小山「俺はMCっぽくやってほしい、『今からみなさんにお伝えすることがございます↑良いことと悪いことどちらからいきますかぁ↑』」
加藤「『実は良い話も悪い話もどっちも同じで24時間テレビが決まりました!悪い話は忙しくなります!』そしたらもうフウフウ!よ」
小山「語尾上げてくれたらいいのよ」
加藤「小太郎のテンションでやってくれないかな」
小山「言ったらやってくれそう」
加藤「裏で『うい!』みたいのはやるけどね、俺らかっこつけちゃう」
増田「『イエス!』みたいな、裏で」
加藤「あるあるだよね、ライブのオーラスとか」
増田「でも『やったー!』はないよね」
小山「急に『ワー!』はできないよね」
増田「もし『紅白決まりました!』って言われたら」
小山「飛んで祝うよね、ずっとweeeek!あ、weeeek のタオルの話してもいい?」
増田「話する前に、手越がずっと呼ばれてるのよ」
加藤「すでに2回呼ばれてる」
手越「おしゃべり好きなのにハケろって言われるぅ」
加藤「戻ってくるなよ!w」
手越「この階段からハケます〜あら!階段がないからハケられない!」
加藤「そこに階段はありません!去れ!」
小山「笑ってんじゃねえよw」
増田「本来ハケる時間から8分くらい話してる」
加藤「今手越がハケたってころはまだMCやらないとw」
増田「手越待たないとだからね」
小山「タオルがさ、最近の悩みなのよ」
増田「兄ちゃん*1言っちゃって!」
小山「タオル回す曲で回せ〜!って言っても誰も回してくれない、みんな準備してないのよ、袋に入ったまま」
加藤「そもそも買ってくれてないってことも考えられる」
客席タオルを見せる
小山「持ってんじゃん!前『タオル回せ〜』って言ったとき、誰も出なかったから心折れそうになった」
加藤「ちょっと見たかったんじゃないNEWSを」
増田「こやまがいたからそっちを見ちゃったんだよ!振りしろがあるけど俺上め、お前下めね〜みたいな感じで調整して」
加藤「まあこのあとタオル回す曲があるか分からないけどw準備しておいてね!タオルって言われたらノールックで出せばいいんだよ、小山見ながら!視線小山で!」
小山「シゲと…まっすーはさ」
増田「今ちょっと名前出てこなかったでしょ?」
小山「違う、まっすーと増田さんどっちでいくか迷ったの」
増田「まっすーでいいよ♡

小山「みんな飛んでくれよ!」
加藤「明日の仕事気にしてるんだよ」
増田「1回椅子全部どけてライブやりたいよね、すげえ前の方で飛んで」
加藤「フェス的なね」
増田「タオル持ってない人は拳でいいからね!気にしないで!」
小山「タオル祭りになったら最高だな〜すげえ楽しみ!」
加藤「タオル回す曲なんてあれかあれしかないんだから」
増田「タオル持ってない人は右手を回して」
加藤「気持ちのタオルをね」
増田「エアでいいならみんなそうなる!w」
小山「このタオルをまくらに巻きがち」
加藤「まくらに巻く用に計算して作ってるからね」
小山「今日QUARTETTOだ♡みたいな、サイズがちょうどいい」
加藤「サイズも生地もこだわって作ってますから!ロゴもかっこいいよね」
小山「シールのロゴもかっこいいよね!」
加藤「カレンダーに入ってるステッカーね」
増田「俺らがトランクに貼る用におしゃれなステッカーがほしかったんだよね!ホテルのシールとかと一緒に貼る用にこれシールにしたいね!って、打ち合わせの時もみんなで『キラキラじゃない?』って決めた」
小山「キャピキャピしてたよね」
増田「濡れても平気だし」
加藤「貼った?まだ持ってないんだよね」
増田「まだツアーでトランクが出てきていない」
加藤「トランクといえばラゲッジタグもね」
小山「地方から来た方はこういうタイプ(キャリーを引く動き)で来てるの?」
増田「コロコロね」
小山「うちわはこう!ポスターはこう!(肩にかけたカバンに入れる動き)」
加藤「それこそバッグはうちわが入るサイズになってますから!スケスケだけど!」
小山「海とかプールにも持っていけるよね」
増田「たたむとクラッチバックにもなりますからね!シワシワになっちゃうけど…わざとくしゃくしゃになるようにしてます!w」

小山「手越待ってるんだけどあいつ準備ゆっくりなんだよな〜このあと出てくるから!分かりやすいよねMCでハケるっていう」
加藤「EPCOTIAでもそうだったよね」
小山「これで次4人だったらびっくりだよw」
増田「何の話する?」
加藤「福岡で何食べた?」
小山「めんたいこ」
加藤「昨日は手越と水炊き食べて、その前の日はモツ食べた!福岡はおいしいものたくさんあるから迷うよね」
増田「モツは何?」
加藤「鍋」
増田「水炊きって何?」
加藤「うちのマネージャーも知らなかったのよ、『すみません加藤さん、水炊きって何ですか?』って、新卒の20歳くらいの子は知らないのよ、モツは分かる?」
増田「外食するようにならないと分からないよね、東京の人は」
加藤「俺もそう思ったんだよね、マネージャーも『水で炊くとおいしいんですか?!』って、おいしかったって言ってたけど、美味しいばい!w
小山「着替え遅いな〜」

飲み物が入ってたカゴを持つ
小山「みんな買い物のときこう持つ?こう?*2…どうでもよくない?w」
増田「俺は全部手で持つよ」
少し離れたところで聞いている加藤さん
小山「シゲあそこで聞いてる!w」
加藤「俺は結構まとめて買うからガラガラで…って聞いてねえな」
カゴの持ち方で盛り上がるコヤマス
小山「あいつあそこで聞いてる!w」
加藤「俺はガラガラで2段目にコメ置いて」
増田「ガラガラで買い物しながらこっち来てよ!」
加藤「やぁだよ!!」
増田「1人じゃさみしいでしょ?」
加藤「ネギ取って〜」
増田「野菜買うんだね」
こっそりハケるコヤマス
加藤「トマト取って…これはちょっと熟れてるな〜っていねぇし!!いないならこっち(反対側)からハケよう」

加藤「みなさんバワリーは貯まってますか?!楽しんでますか?!後半もよろしく!!」

*1:あんちゃん

*2:腕にかける

【2019/03/17 1部 マリンメッセ福岡】NEWS WORLDISTA MC

 

4曲目後ミニMC
増田「NEWSになってる〜?」
小山「NがAになってるな?!これじゃエウス!!」
手越「ええじゃないか〜
加藤「うまいこと言うなw」
小山「せーの!で読んで!せーの!」
客席「NEWS〜!」
小山「このタイミングで俺たちがNEWSでーす!やるのもいいね」
加藤「ねっころがってますけども」
増田「どうもNEWSでーす」
小山「このままMCやる?」
加藤「お客さんに顔見せて?!w」

メインステに戻るジュニア
小山「ジュニア元気だね〜若いから、もっと走って!」
加藤「こけたふりして!」
増田「衣装が汚れるからやめろ!」
加藤「逃げろ!w怒られるぞ!w」
手越「逃げろ!!w」
小山「手越さんも走って」
加藤「すごいジャンプして」
ダッシュしてジャンプする手越さん
走り出すコヤシゲ
加藤「これ誰が指示するの?!w」
手越「はけろはけろ!」
加藤「はけさすな!小山ははけるな!」
ゆっくり歩く増田さん
小山「まっすー走らないんかーい!」
加藤「牛歩w」
手越「牛歩!カード1回使ったらしばらく進めないやつだ!
加藤「桃鉄か!

 

ナレーション「〇〇バワリー獲得です」
小山「やったー!めっちゃくれるじゃん!あざっす!」
手越「MCゾーンですよ!♪君と夏の終わり〜(ZONEのsecret baseを歌う)」
小山「それはZONEさんね」
増田「(UMPを歌う)…あ、これはHey!Say!JUMPだ!♪地球〜は〜い〜つで〜も〜回ってる〜」
小山「どうもsexyzoneです〜!」
加藤「下手になったな」
増田「♪ワイルドは〜地球の裏側じゃ〜×☆カ国の〜(踊りながらあやふやな感じで歌う)」
小山「どうもNEWSで〜す!」
手越「世界の国ってもっとあるよね?」
小山「200弱くらい?」
増田「195カ国?」
手越「全世界の国ってもっとあるでしょ」
増田「♪ひゃくきゅきゅきゅカ国の〜」
加藤「もやは1999になってるw」
小山「どうもNEWSです〜MCします!」
\手越!/
小山「手越だけじゃないんだよな〜全然いいんだよ!今(ペットボトル取っている間)叫んどいて!」
加藤「今日男の人多いよね?」
小山「聞く?男!!」
客席叫ぶ
小山「クセ強いのがいるなw」
手越「腹から出てるな〜」
小山「あっちに1人いるな、見つけたいな〜…まあいいか」
客席叫ぶ
小山「お前〜!テゴっつったな!(反対側の客席を指しながら)こっちもいるな!?『てっごし〜』ってちっちゃい『つ』を入れるな!」
加藤「テッテテーパターンね」

手越「小山さん髪染めてチャラコヤだよね!染めたの久しぶりじゃない?」
小山「そうなんですよ銀髪にしてみました今日このごろの俺だあ〜!」
手越「ソロにぴったりだよね」
小山さんソロ曲のダンスを踊る
加藤「何に憧れてその色にしたんでしたっけ?」
手越「アニメ?」
小山「東京喰種の金木くん」
手越「とうきょうぐーる分かんねえな」
加藤「アニメに合わせてその色ってチャラくないよねw」
小山「俺は2次元にいったんですよ、俺今2.5次元だから」
増田「リアルだよ」
手越「アニメってカラー?」
小山「白黒のアニメってなに?!」
手越「本は黒じゃん」
加藤「それはマンガw」
増田「どういう話なの?」
小山「人を食う話、グロめのアニメにはまってるの、だんだんこの髪色になってく」
増田「はじめからこの色入らないから最初紫めに1回染めたりしたの?」
加藤「ブリーチの具合の話はいいんだよw」
増田「日本人はこの色に染めるの難しいんだよね」
手越「日本人は黄色が残りやすいからね!1回抜いて金にしないと入らないからね!」
小山「いつも髪色がうるせー2人だな!先輩は違うな!4回くらい抜くんだけど最後の方頭ポアっとしてくるよね」
手越「俺はブリーチ大丈夫なのよ」
小山「手越さんおかしいのよ、頭皮強い」
手越「眉毛も大丈夫」
増田「俺は3回ブリーチして染めた時痛かった!ソフトクリームになった気分、ソフトクリームのバニラ部分が燃えている感じ、俺がコーンで」
加藤「全然分かんねえw」
増田「何となく分かるでしょ?!」
加藤「ソフトクリームって頭じゃなくて全体じゃん」
増田「洗って〜って感じ」
手越「でも俺も遠からずよ、ゲームのキャラだから!金の時はFF7クラウド見せた」
加藤「美容院でクラウド見せたの?!」
小山「見せるよね」
手越「このピンクはFF10ティーダ
小山「『ティー』ダ?」
増田「T!TT!」
手越「FF10ティーダ!それは(TT兄弟)は流石に認識した」
増田「ティーダのTの文字から拾うのは俺の美学に反する」
小山「Iもあるんだよ」
手越「あいみょん?」

増田「4人しかいないのに赤くするのやめて?」
加藤「まっすー前まで金だったじゃん」
増田「アマゾン行って頭かゆかったからブリーチしたの」
手越「それラジオでも言ったけどブリーチって菌落とすためのものじゃないから」
小山「アマゾンで朝『こやま〜頭かゆくね?』って」
手越「放送いつ?」
増田「about 4 days
手越「海外の人って毎日頭洗わないもんね」
増田「泊まったロッジのシャワーが水道の蛇口の蛇口ないパターンみたいな感じで」
加藤「点じゃなくて面でくるやつ」
増田「足の裏洗うときとか…」
加藤「ボレーシュートみたいになってるw」
小山「シャワーも雨水濾過したやつだったからね〜3月21日放送です」
加藤「こっちもやる?」
増田「せっかくだからやっとく?おたすけ\JAPAN!/って」
小山「おたすけ\JAPAN!/\yeah!/でやろう」
手越「エ〜〜〜〜ックス!」
増田「手越がエックス!\JAPAN!/\yeah!/でやろう」
小山「おたすけいらなくなっちゃったw」
加藤「おたすけいらず」
手越「エ〜〜〜〜ックス!」
増田「JAPAN!」
小山「wow!かな?」
加藤「今『紅だ〜』(のテンション)で3月21日放送!って言って欲しかった」
増田「聞いてください、アマゾン!!!!!」
加藤「蛇口が水!!!!!」

加藤「蛇口で言うと」
小山「蛇口で話繋げる?wあいつやっぱ違げえな〜」
加藤「会場のシャワーが緩いの、ちょろいな〜」
小山「だいたいこう(ゆっくりシャワーの出る様子を再現する)」
加藤「小雨なのよ!まあ水圧はいいとして定期的に冷たくなるのよ、増田さんはあとから入ってたけど、隣から同じタイミングで『寒い!』って声が」
小山「42℃くらいから急にヒューって」
加藤「シュッて冷たくなるからウワ!って」
小山、加藤、手越の順でシャワーを使っている
手越「シゲちゃん強いところ知ってるでしょ?」
小山「自分のシャンプー置いてるよね?」
加藤「会場入ってまずシャワーを全部確認してますから!チョロ、チョロ、で1個だけ強いのがあったからここだ!って」
手越「シゲちゃんが先に入ってたんだけど、横から出てきて『手越、“俺の”ところ使っていいよ』って」
増田「お前のじゃないから」
加藤「…俺んとこ来ないか?
「「チャッチャチャチャチャラチャラ〜フッフゥ!!」」
手越「だからシャワー早いのよ、知ってたから」
増田「俺も入ったとき全部行ったよ!強いところでバーって体洗ってたら水に変わって、MAXお湯にしても寒くて、8個くらい大浴場のシャワー確認したけどチョロでずっと水だった」
小山「すっぽんぽんで?変な人w」
手越「シゲちゃんの部屋使わないと」
小山「(1つだけ)強いから配分おかしくなってるんじゃないの?」
加藤「でも1シャワーに1回冷たくなるよ」
増田「シゲか手越でしょ、シャワーヘッドぬるぬるにしてるの」
小山「俺じゃないからね」
加藤「俺じゃないよ。シャワーヘッド触らないから」
小山「手越が使ったあとのシャワーよく掃除してあげてるんだからね!泡だらけなんだよ!次の人入るんだから!ゴシゴシタオル干せ!」
手越「はい始まりました〜小山さんあなたは事実を言っていない!私は体を洗うときにタオルを使いません!素手派です!」
小山「その奥にいる加藤さんはどうなの?」
加藤「小山さんあなたは嘘をついてます、私も素手派です!」
小山「だとしたら誰?!」
増田「もう1人入ってる?隅に塊になったタオルがあったけど」
小山「怖くなってきた!誰?!あの塊何?!」
加藤「タオル使うの?」
増田「タオル使わないと洗えないところあるでしょ」
加藤「こうやって洗う」
テゴシゲ、手を背中で組む
加藤「潔癖なのに誰のか分からないゴシゴシタオル大丈夫なの?」
増田小山「だいじょうぶー」
増田「潔癖じゃなくて綺麗好きだから!」

手越「お風呂出るときにちゃんと冷水で洗ってるよ」
加藤「カビが生えないようにね」
増田「ソレダメでやったけど熱いやつをかけたほうがいいんだよ」
手越「えぇ?!」
加藤「冷水かけた方がいいっていうのは嘘だって最近エビデンスが出たんですよ」
小山「結局どっち?!分かんない」
増田「おれは熱いのって聞いた」
手越「40℃くらい?シャワーのプチってところ押してグーンって回して熱くしたくらい?ピピッもあるじゃん?『給湯温度が変更されました』ってやつ」
加藤「その話は楽屋で行うべき」
小山「ウチもそう思う〜」
増田「でも最初にその話したのシゲだと思いますぅ〜」
加藤「だとしたらまあまあ盛り上がった」
増田「ありがとうございますぅ〜」
小山「結構お風呂だけで15分くらい話してたからね、手越行けよ、何残ろうとしてるんだよ」
手越「気づくね〜」
小山「よくしゃべる人だよ」
加藤「ツアー中は生活スタイルが分かってくるよね」

ドリンクのカゴを持ってくる小山さん
小山「カゴ変わってるよ!ゴミ袋巻いてる」
加藤「ゴミ袋巻いたって言うなよ!終わりだよ!終了です!」
小山「カゴのインナーがゴミ袋なんだよ」
増田「何の話しようか」
小山「話変えよう」
増田「とりあえず風呂出て脱衣所行く?」
小山「すぐ化粧水塗る!シゲもすぐ化粧水だもんね」
加藤「普段?冬は乾燥するよね、粉吹いちゃう!なんなら身体拭く前にバスオイル塗る」
小山「加藤さんすごいツルツルなのよ」
\キャーーー!/
小山ツルツルでキャーーー!はおかしくねえ?!」
増田「シゲちゃんツルツルなんだのキャーーー!」
加藤「まあツルツルじゃないところもあるけどな!!…何言ってるんだろう自分でもよく分からないw」
増田「ツルツルに萌えたんでしょうね」
加藤「化粧水はすぐ塗るよね」
増田「俺は意外と綿棒」
小山「顔って1番水分飛びやすいんだよ?出てすぐ水分失っていくから、まず水分入れてあげないと!」
増田「自分で自分のことをちょっといじめたい的な?(ドヤ顏)」
小山「これはキャーーー!じゃない」
増田「自分で自分をいじめたいから…」
\キッ、キャーーー!/
加藤「作ったキャーだね」
増田「自分をいじめて試したいみたいなところありますよね」
加藤「今のは悲鳴だから!『キャーーー!保湿しないの?!』のキャーーー!」
増田「昔から乾燥肌で何も塗らないと手から血が出てきたりする」
加藤「乾燥するとさ、顔がこう貼りついたみたいにならない?顔が固まる!ハァ〜〜って、化粧水をくれ〜〜化粧水ぃ〜〜って化粧水ほしいおばけになる」
小山「あんまり映っちゃいけない顔してるw」
加藤「俺に化粧水をくれぇ〜〜って、動かないのよ顔が固まっちゃって」
増田「街中で会ったときにおばけだったら嫌だね」
小山「あれ?加藤さん?」
加藤「ハァ〜〜化粧水くれぇ〜〜…これどういうコント?w化粧水あとは乳液欲しおばけになる」
増田「乳液あげたらどうなるの?」
加藤「むしろ間に美容液がほしい!昔は全然やらなかったけど美的のおかげでいろいろやるようになった」
小山「毎月聞かれるもんね、お手入れ何してますか?って」
加藤「なんならちょっと怒られるからね!『まだ日焼け止め塗ってないんですか?うーーわっ!』って」
増田「プライベートで日焼け止め塗る?」
小山「(増田さん)アマゾンでべっしゃぁ塗ってたけど」
増田「それはタオル頭に巻いててその形に焼けるのが嫌だったから、Tゾーンに」
小山「T?」
増田さん軽くTT兄弟をやる
加藤「照れT」
小山「日焼け止めはないな〜」
加藤「俺は釣り行くから塗るけど、塗らないと大変よ!日焼けしたおばけが!夜に顔熱ぅ〜〜乾く〜〜アロエくれ〜〜って、アロエほしいおばけ!多分日光アレルギーなんだよね、多少。だから常にSPF持ってるよ!」
小山「俺日焼け止め効かないのよ、黒いでしょ」
加藤「紫外線欲しいおばけ」
小山「効かないから、アマゾン一緒に行ってきた2人なのにこんなに違うからね!」
増田「こやまワイルドになったのよ、メイクさんが直しにきても『大丈夫です!』って。足に泥ついてても全然泥を感じていないこやまだった!虫止まってても『うん』みたいな」
小山「そうだったね」
増田「ロケ中『こやま変わったね、ワイルドになったね』って言ったもんね、強くなった!」
加藤「でもアマゾンから帰ってきてリハ、小山さんどうだったんでしたっけ?」
小山「大風邪引いた」
加藤「大風邪引いてリハ欠席wワイルドな精神に肉体が追いついていない!w
小山「ワイルドが先行しちゃった!僕じゃなくて俺って言えちゃうみたいな」
増田「カメラ回ってないところで虫食べてたもんね!出店みたいなところで買ってるよの」
加藤「虫欲しいおばけ
小山「でも帰ってきたら大風邪」
加藤「大風邪引いたときは何食べてたの?w」
小山「ポカリだけ」

加藤「しゃべりすぎだよ」
小山「(客席に)長かった?飽きるまでしゃべっちゃう」
増田「ワイルドの流れからセクゾに行けばよかった」
加藤「裏で反省会やろう」
増田「お後がhere we go!」
ハケる3人
小山「やべ!待って!(カゴを取りに戻る)ごめんね〜!!」