読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上げたハードルを、くぐる。

嵐とNEWS、ときどきKAT-TUN

【2016/06/11東京ドーム】NEWS QUARTETTO MC備忘録

 

小山「シゲちゃん!」
加藤「イエーイ!シゲだよ!」
小山「シゲのイエーイは珍しいよ!続いてまっすー!」
増田「増田貴久です~よろしくお願いします~」
小山「けーちゃんです!そして金髪!
手越「どうも~ドームの金髪てごにゃんです~オケ~ィ!ナイスゥ~↑
加藤「絶好調ですねw」

小山「増えたね~アモーレうちわ!すぐ取り入れるんだから!」
加藤「ウチーワね」
小山「アモーレうちわでちょっと扇いで!」
増田「届かないし~って扇いでない人見えてるからね
加藤「3階席の一番後ろ!扇いでない!
小山「おっ風来たよ」
増田「あんまりやりすぎるとシゲが飛んでっちゃうから!
加藤「絶対に飛ばされないからな!!!!!飛ばされそうになるフリ)」
増田「シゲもうちょっと左!もうちょっと!」
加藤「ア~!シゲをハケさせないで!
手越「すんご~い」
小山「え~加藤さん無理されてます
加藤「東京だからはしゃいでるの><

小山「男に声出してもらおうか!(フライングで叫ぶ男性陣)…まだ振ってないぞ!すぐ目立とうとする!手越みたいだな!」
増田「…イエ~~~イ!
小山「こういうのややこしいんだよ」
加藤「でもこれがまっすーのいいところだから!」
小山「俺が『男!』って言ったら思いも思い叫んで!男!(ウォーーーーー!)シゲ!」
加藤「ウォーーーーーーーーー!(地声)…シゲののどちんこスペアないんだから!」

 

会場にいるファンを再現するNEWS
増田「手越が彼女役で、小山スター役ね」
小山「俺スターじゃないの…?」
加藤「お前はキャスターだよ(うまいこと言っただろ?という顔)」
増田「…今俺の番だから!

増田「俺はいいからこいつに手振って!って。彼氏どうにかして好きになってもらおうとしてるw」
手越「(再現の輪に入れていない加藤さんに)4人にする?ややこしくなるから」
加藤「お気遣いありがとうw」

小山さんが前を通った設定で小山担役の小山さんに指をさして目立たせる3人
加藤「東京ドームで何やってるんだよ!こんなに縮こまって!
増田「逆に目立ってるよね」

f:id:midoriiro2:20160612105809p:plain
小加「そんなサザエさんみたいになってないでしょ!」

 

24時間テレビチャリTシャツの話
小山「俺と手越の電波ジャック見ました?」
加藤「裏で出てましたから…ちょっと寂しかった…打ち合わせしてたときなんだけど」
小山「あ、裏か。朝早いから、ね、(ウトウトする)ってなっちゃってて、楽屋で隣見たら手越が『ウェーーイ!』って!テンションがバカ!」
手越「ぼくちんの昨日1日のスケジュール聞いて」
加藤「なんで聞かなきゃいけないんだよw」
手越「ZIP!出て、スッキリとヒルナンデス!出ましてそのあと雑誌3誌の取材、その後別の個人の仕事をしましてフットサルをしてきました!」
加藤「シンプルに元気
小山「気になるので聞きますけど増田さんは…?」
増田「ふざけんじゃねーよ!増田さんは昨日はお買い物してました!
「「「wwwww」」」
増田「みんなが出てるの見てたから!朝10時に起きて…」
「「「見てないじゃねーか」」」
加藤「もうウマシゲ出ちゃってるよ!」
増田「え~朝5時に起きまして…」
加藤「でも増田さん前日衣装直しやってくれてて、連絡が来たんだけど、もう俺ふとんの中で」
小山「まっすー夜中に送ってくるよね」
増田「そうだよ、夜中」
加藤「申し訳ないんですけど通知オフにしました

チャリTのマネキンを運ぶ小山さん
加藤「ちょっとえっちい感じだね」何を言ってるんだ

加藤「これ普通に着れるよね!…え、無視?」
小山「いつハケればいいかだけ教えてくれ」
加藤「ニッセンのカーディガン羽織ればちょうどいいよね!」
小山「ちょうどいい!
増田「ハッピーパウダーかければちょうどいいよね!」
小山「ちょうどいい!」

 

変ラボの話
小山「まっすーのキャラどうですか?見ていない人のために説明すると街の人にイメージを聞いたときに、僕がキャスター、手越さんがイッテQ、加藤さんが小説家、増田さん、、、です。」
加藤「増田さんがんばってるじゃん!」
増田「がんばってるじゃん!じゃねーよ!
小山「みんなはむしろまっすーキャラ濃いと思ってるんじゃない?」
増田「伸びしろしかないから」
手越「伸びしろですねえ
加藤「手越ダビットソン!」

小山「手越いつもいじるけど、今日木原さん来てるから」
手越「今日木原っちいるんスカ?」
加藤「たまにぱらっちって言ってるよねw明日の天気なんですか~?」
小山「答えても聞こえないだろw木原さんがパーフェクトヒューマンをやったとき手越から『ナイスぱらっち』って来たw手越は木原さんと共演したことあるの?」
手越「日テレの特番ではしたことあるけど、1対1はないね」
小山「木原さんにちゃんとあいさつした方がいいんじゃない?」
手越「あ、どーもファンです!
小山「オイw」
手越「毎日見てます!そらジローとの掛け合いが最高です!」

 

小山「手越はそろそろパスポートおかしくなってるでしょ」
手越「そろそろハンコが押せなくなるね。家に大きな世界地図貼って印つけてるんだけど30くらい行ったかな?」
加藤「今まで行った中で珍しい国は?」
手越「インドネシアのスンバワ島とガイアナ共和国ウィスコンシン州かな」
増田「俺も行ったからね、タンザニア
手越「うんち食べてたもんね」
増田「スタッフさんがやばい」
加藤「もっとやってほしいよね」

小山「風磨と共演って珍しいよね」
加藤「全然話したことない」
小山「大丈夫?人見知り」
加藤「俺が頑張ろうと思って!先輩だし!先生だし!」

番宣をたくさんする加藤さんと黙る3人
加藤「聞いてた俺の話?!(おこ)」
「「「聞いてるー聞いてるー」」」
手越「三刀流バラスーーーーー!!!!!アゲーーーーー!!!!!
加藤「バラスー!アゲー!ってなんだよ」

 

小山「ペンライトを持っていただいて!着けてー消してー着けてー消してー…オッケーナイスゥ親指!
(テゴシゲぴったりくっついてセンステに移動)(天使)
加藤「(オルゴールを見て)おっき~!持ち帰るの大変だね!」
小山「手越のその笑顔怖いから」
手越「はにゅ?」
加藤「(オルゴールの音が流れる)こっこれは2013年に東京ドームで歌った愛言葉じゃないか!」
増田「これ名曲だな~」
加藤「茶番にお付き合いください」