読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上げたハードルを、くぐる。

嵐とNEWS、ときどきKAT-TUN

【2017/04/15セキスイハイムスーパーアリーナ】NEWS NEVERLAND MC備忘録

 

夢と期待とうちわをカバンに詰め込んで東北新幹線に乗り込むと、私の指定席には思いっきり座席を倒してくつろぐイカツイ外国人(装備:イヤホン)の姿がありました。

f:id:midoriiro2:20170420235923j:plain

いやもうね~新幹線ルーキーの私が間違えたのかなって思って一回通り過ぎたよね~トイレの前で落ち着いて切符見たけど確かにあそこは私の席だったよね~ウンウン~

困った顔で立ってたらすぐどいてくれたけど、いちごみるくの空パックを指して「Can I leave that?(これ置いといてええか?)」と言われました。

No,you can't.(英検0級)

ゴミはゴミ箱へお願いします。

そのあと友達と思われる奴の隣が空いたら移動してたし、お前絶対自由席の切符しか買ってないだろ。絶許。車内販売のカートに小指ぶつけろ。

 

ということで仙台処女捧げてきました。 

関ジャニと嵐の帰宅難民騒動を耳にしていたので地獄のアクセスの悪さを誇るグランディにめちゃくちゃビビっていました。しかし!仙台駅前からのシャトルバスで行ったのですが行きは15:10ごろに乗車して16時ごろ、帰りは19:30ごろに乗車して20時前には着いて拍子抜け。(公式からは50分かかるとアナウンスあり)ただバス停が無駄に遠いので注意な!

 

仙台おいしいお店がたくさんあって最高!行きたいお店回りきれなくて悔しい!オイラ地方都市の屋根付きアーケードだ~いすき!

牛タンを差し置いて一番ヒットしたのはカフェモーツァルト!私の大好きなしっとりねっちょり系チョコレートケーキ毎日食べたい…安いし長居しやすいし…

f:id:midoriiro2:20170420235029j:image

東北大に通うお友達の「結局利休が一番うまい」というお言葉を無視して司に行ったので来年もまた仙台行きます。チケットご用意されてくれ。 もちろん司の牛タンタタンも最高でした。悪魔の味がした。

 

前置きが長くなりましたがフワフワMCレポです。どうぞ。 

 

 

小山「今日男の人多いよね?男楽しんでるか~?!」

増田「俺もそういうのやりたい」

小山「好きに増田さんが煽りやんなよ」

増田「ヘイ~みんな盛り上がってるぅ~?ジャパン~~!いえ~い(フェードアウト)」

小山「最後までやんないのかよ」

加藤「不完全燃焼だな」

増田「ちっちゃい子~!まっすーお兄さんだよ~!」

加藤「オネエ!」

小山「なあにぃ~(裏声)」

加藤「ここにいたwここにいたよ」

増田「小さい子が手越のうちわを持ってたから俺が手を振ったら喜んでくれたのよ、あれは俺のファンになったな。基本シカトだから。子供だけよ?」

小山「冗談ですよ~(自由に水分補給するメンバー)NEWSですやるのよ!タイミング!」

 

増田「衣装とかいじらなくて大丈夫?」

小山「結構です。」

増田「すっごいいっぱい生地使っているんだからね?」

手越「加藤しゃべれコノヤロー

加藤「おい!今日当たり強いな!」

手越「うるせー早くしゃべれよ

加藤「リハーサルで僕のトランクとリュック背負っていたくせに」

小山「ターゲットが僕から加藤さんに移ったのよ」

加藤「手越さん相手選んでいるからね」

小山「増田さんには絶対やらないから、まっすーやられたらどう?」

増田「やってみろよ(低音イケボ)…意味があるならやるよ?」

加藤「スタッフさんがちょっと笑う」

増田「コンサートの時ってカバンどこに置くの?今回下に置きたくないな~ってときはタオル一個挟んだりするの?電車も置きたくない」

小山「バコーーン着くとテンション下がるの?」

増田「いい機会だし聞いてみよう!足の下に置いている人~?絶対置かない人~?みんな仲間!」

小山「置いたっていいじゃん、加藤さんガンガン置くよ」

増田「シゲはコロコロもそのまま引きずるもんね、ワイド(ワイルドを噛む)だから」

加藤「誰が幅広だ

小山「誰が幅広だw」

 

小山「円陣を手越メインでやっているんですよ」

加藤「時々ダンス取り入れてくるからね、静岡チャチャチャとか」

小山「『新生活、新しい環境で大変な子たちもいると思う。今日は僕たちで元気にしてあげましょう』みたいな」

加藤「小山さんが言ったらかっこいいのよ」

小山「てごちぇるやってみて」

手越「それではみなさん…ギューーーーーーーータン!

加藤「これで始まったからねリアルに」

手越「今日は仙台です!5月病の子もいると思うし、まだ4月だけど!新生活なんか違うなーって思ってるみんなを俺たちで元気にしてあげましょう!それでは…ギューーーーーーーータン!(コヤシゲテゴでやる)

増田「俺はやってない」

小山「ギューは雑巾絞っているから、ふざけんなお前だけやんなくて(笑)」

増田「いっぱい言ってきているから牛タンって」

小山「僕たちよりたくさん牛タンって言っているからね」

加藤「ずんだとか笹かまだってあるしぃ~」

増田「ずんだシェイク、絶対まずいと思って飲んだらおいしかった!ステージドリンクにしたい」

小山「マックシェイクみたいな見た目じゃない?どんなやつだよって思いながら吸ったの」

増田「どんなやつって思って吸うなよ」

加藤「最終的に飲みましたから」

増田「おいしいから水筒で持って帰りたい」

小山「シェイク水筒に入れるの?」

加藤「増田さんのボケツッコめない…」

増田「水炊き水筒に入れたいとかすごい面白いと思って言っているから」

加藤「手越さん聞いてる?なんで遠くを見た」

手越「聞いてる聞いてる~スープ 水筒でしょ?」

加藤「ググり方みたいに言うなよ

 

小山「俺とシゲ昨日仙台に来たのよ。スタッフさんと駅の中の利休行ってきた」

手越「寿司屋?(会場:えーー!)…2文字の漢字は寿司っぽいじゃん」

増田「なんとか久とかね」

小山「シゲはスタッフさんとお寿司行っていたよね」

手越「ゲンちゃん」

加藤「スタッフさんの名前を言うなwしかもすげー偉い人だぞw」

増田「スギっち」

小山「エアーマンさんねw帽子がすごい存在感の」

加藤「最近関ジャムとか出てるよね」

小山「すごい帽子じゃない?あのまま飛行機乗るのよ、2mくらいあるのに」

加藤「荷物チェックとかちょっと面白そうだよね、ベルトとかブーツはダメだしアクセサリーも全部外すじゃない?ちゃんとやってるならすごいよね」

増田「手越から名言出て『慣れてないね』って、すごい先輩ぶってくる、飛行機の先輩」

小山「俺結構違う国行ってるから~みたいなね」

加藤「手越の飛行機のBGM歌うの好きw」

小山「パーンパーパーパパー(ANAの到着したときに流れるBGM)ってやつでしょw葉加瀬太郎さんが作曲したんだって」

手越「ANAね、札幌行った時に言いながら乗った」

小山「CAさん超笑ってたよwANAに乗る際はぜひ聞いてみてください」

 

手越「リハーサル1人ずつソロやるじゃない?順番ランダムで今日最後だったから会場内探索したの、外見て30分ぐらい」

小山「そういえば楽屋にいなかった」

手越「外で如意棒?…自撮り棒か!あれで撮ってる子とかいて」

増田「如意棒禁止ですよ」

加藤「孫悟空たくさんいるな」

手越「ピンクの制服でツインテールしている子がみんなで写真撮ってて楽しそうだなって」

加藤「その場で仲良くなるの?」

小山「シゲの相当昔のうちわ持っている子いるよね」

加藤「ストロングスタイルね、絶対そのうちわ」

手越「スタッフさんと誰のファンかクイズしてたのよ、ファンの子に色があるじゃない?」

加藤「ピンクなら手越とかね」

増田「ウルトラの母じゃないの?」

f:id:midoriiro2:20170420230143j:plain

手越「コヤテゴとかテゴマスとか、うちわ持っていれば分かるんだけど」

加藤「どういう傾向があるの?」

手越「色で惑わし問題があるのよ!増田さんが好きなのにピンク着てるとか…フェイクよ!ひっかけ問題!髪の毛紫なら小山さんのファンかな~って」

増田「おばあちゃんじゃないの?」

小山「なんで俺のファンおばあちゃんばっかりなんだよw」

手越「知り合い見つけたのかキャーって楽しそうにしてたり、増田さファンの男性が1人でいて」

小山「ストロングスタイルね」

手越「もしかしたら妻いるかもしれないし!グッズ1人で買いに行っているのかもしれないし!」

増田「出会いの場になっているのかもね」

加藤「この機材を運ぶトラックもネバーランドのデコレーショントラックを作っていただいて」

小山「写真がプリントされているね」

加藤「高速で横通ったら何コレ?!ってなるけど」

増田「あの柄のミニカーグッズで作りたくない?」

小山「いらないよ」

(会場から欲しい!の声)

増田「基本的に小山とグッズのセンス合わないから」

加藤「1回やったらずっとやらなきゃだよね、色味変える?」

増田「どうせなら1回目からやりたかったよね」

加藤「ぶれずにね」

小山「急に来るよ」

加藤「車の歌でも歌う?」

小山「今回もグッズ作りましたけど、キートレーとかね」

手越「鍵ほしいんだけど!持ってない!」

加藤「持っていないのにどうやって入るんだよ」

手越「あ、分かった!曲覚えるために通常版を聞くのよ、アイチューンズに取り込んで!鍵付いてるのって初回盤でしょ?親が全部持っていった」

小山「かあちゃん!」

増田「何回来るつもりなの?」

加藤「ノースリ―ブのお母さんね」

小山「手越のママの話番組でしてたよね」

増田「お母さんと手越が出たの?」

加藤「手越さんの幼馴染の芸人さんがガヤにいたの」

増田「俺会ったことある?」

手越「あるある」

増田「あ~あのクソ生意気なやつか」

加藤「手越のお母さんがノースリ―ブってプレゼンしてくれたのよ、こっちで放送してるのかな?」

小山「手越のママすぐスカルくんの写真送ってくるよね」

手越「パパがんばってって写真送ってくれるから『うわぁ~♡スカルくん♡かっこいいね♡スカルくん♡パパ頑張るよ♡』って」

小山「これマジだから」

加藤「よくも飽きずにやっているよね」

 

MC終了を知らせるブザーが鳴る

加藤「ミスターインポッシブルの言うことは絶対だから」

小山「ノースリ―ブでも?」

加藤「手越のママwファンの子みんなノースリ―ブになっちゃうw」

手越「俺と一緒でぶっ飛んでいるからな」

増田「面白い話できたかな」

小山「記憶に残るように煽って」

増田「YO!YO!宮城!Yeah!けどライブ的には仙台!って言うけどここの土地名は!利府!…ハケたほうがいい?」

小山「まあハケたほうが流れはいいね」

手越「スカルくぅ~~~ん♡(ハケる)」

 

 

福岡に引き続き前乗りしたんだったら小山さんは加藤さんをご飯に誘ってあげて?絶対小山さんからの連絡待ってたよ?ラインのトーク画面更新しまくってたと思うよ?私が代わりに泣きそう。